【テニス】宿敵・関東勢に屈しベスト8敗退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度全日本学生選手権◇8月12日◇岐阜メモリアルセンター◇

【男子シングルス準々決勝】

●加藤0(1-6,0-6)2高村(早大)○

【男子ダブルス準々決勝】

●高村・島田0(1-6,4-6)2逸崎・畠山(慶大)○

関東の壁は厚かった。ベスト4をかけ挑んだインカレ6日目に、加藤隆聖(文4)と、高村烈司(商2)・島田達也(人2)組が登場した。しかし、両者とも流れをつかめずストレート負けを喫し、準決勝に駒を進めることができなかった。

全日本インカレ自己最高成績を更新している加藤は第8シードの高村(早大)と対戦。立ち上がりはサービスで相手を崩しボレーで決めるなど理想的な形でポイントを奪う。ゲームカウント1-1となり第3ゲームにはブレークチャンスを先につかむ。しかし「(相手の)勝負強さが本当に強かった」。大事な場面で厳しいコースに攻めてくる相手に要所でポイントをつかめない。加えて加藤自身も「初歩的なミスが多すぎた」と反省。第1セットを落とすと、そのまま第2セットも流れを変えることが出来ず0-6でセットを失いストレートでの敗北となった。

王者撃破とはいかなかった。高村・島田組は、昨年インカレを制した逸崎・畠山(慶大)組との試合だった。第1セット、相手の速いサーブに対応できない。1ゲームしか奪うことができず、セットを失う。「時間を空けた」と島田がいうように第2セット前にトイレ休憩を要求。気持ちのリセットを図る。第2セットは互いにキープする引き締まった展開が続いた。動いたのは第7ゲーム、相手にブレークを許す。だが、「ツーボレーを増やした」と高村。ネットプレーを主体にすぐにブレークバックを決める。だが、その後は相手の独壇場。格上の力を見せつけられストレート負けとなった。

今大会第4シードに名を連ねた竹元佑亮(商4)が初戦敗退の波乱など明暗が分かれた今大会。しかし、大学最高レベルでの戦いで得たものは各々にあるはずだ。この経験を生かし、夏関、リーグと大事な大会で実力を発揮してくれることに期待だ。【文/写真:三木勇人・松浦 智】

▼加藤
「自分のテニスをしていこうと思ったが相手の方が球の勢いや回転量が違い、自分は返すだけの守りのテニスになってしまった。相手はオールラウンダーでボレー、サーブ、ストロークが上手い印象があった。どういう隙を突いて考えてプレーしようかと思ったが駄目でした。ラリー戦になると思ったのでラリーしていってからしっかり前に出るところは出ようと思っていた。しかし、今日は前にいくプレーでミスが多すぎました。自分のもったいないミスが多かった。最初1-1の時のブレークできなかった。相手はリードされていても諦めずに走り続ける。勝負強さが本当に強かった。大事なところで攻めてきたのを自分が初歩的なところでのミスをしてしまった、そこで相手との差を感じた。結果はベスト8で良く自信にはなったがまだまだ課題がいっぱいあるので次は夏関で優勝できるように頑張りたい」

▼高村
「いい時は勢いに乗ってガンガン攻めていく。それを最初からしていきたかった。しかし、相手のほうが落ち着いていてできなかった。セカンドセットに入る前に時間を作った。自分らのミスが多かったことを確認して、ツーボレー(2人がネット前にポジションをとること)を作っていく形を増やした。サーブゲームが単調になってしまった。ブレークされた直後のゲームでブレークバックできたが、その次のリターンゲームでベストの状態を持ってくることができなかった。4―5となってから粘ったが負けてしまった。2人とも調子は悪くなかった。しかし、取りたいところが取れなかった。サーブやボレーがまだまだ。相手はサーブを入れてからの展開が良かった。確率もよかった。ベスト8の結果に満足はしていない。来年は優勝に近づけるように自信をつけていきたい」

▼島田
「相手が格上なので自分たちが積極的に仕掛けていかなければならなかった。しかし、後手に回ってしまった。サーブからネットによられてしまった。前の動きやリターンの動きが課題。ここを改善していけば、いいところに行けると思う。ファーストセットの内容が悪かったので時間を空けた。流れで押されたということを振り返り、サーブをキープすることを考えた。2セット目はチャンスがあったが、相手のしのぎ方がうまかった。競り負けてしまった。ベスト8という結果に関しては、不満はない。だが、優勝したかった。トップレベルに勝っていけるように、これからもやっていきたい」