【テニス】加藤、高村・島田組が初の全日本インカレベスト8進出を決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度全日本学生選手権大会◇8月11日◇岐阜メモリアルセンター◇

【男子シングルス4回戦】
○加藤2(6-4,7-6(8))0町田(早大)●

【女子シングルス4回戦】
●鎌田0(1-6,3-6)2江代(慶大)○

【男子ダブルス3回戦】
○高村・島田2(6-2,6-3)0吉田・福嶋(甲南大)●
●林・柴野1(6-4,6(9)-7,3―10)2小見山・楠原(法大)○

大学テニス界の頂点を決める全日本インカレ。5日目の今日はベスト8を決める戦いが行われ、関大からは6名の選手が出場した。

女子シングルス4回戦には鎌田琴衣(社2)が挑んだ。第1セット、格上のシードのストロークに苦しめられ6―1でセットを落とす。だが、「思っていたプレーはできていた」と第2セットからはラリーで互角の戦いを繰り広げキープが続く。このままタイブレイクと行きたいところだったが、要所で相手にブレイクを許しストレート負けを喫した。

関西学生新進トーナメント(新進)、関西学生春季トーナメント(春関)と今シーズン関西でダブルスのタイトルを獲得し勢いのある林大貴(社3)・柴野晃輔(文3)組は第7シードとして登場。日差しが強くなってきた中行われたベスト8をかけた戦いは林・柴野組が先手を取る。3-3となった第7ゲームに相手のダブルフォルトでの得点をしっかり生かしブレーク成功。そのままの勢いで第1セットを先取する。続く第2セットは相手の速いボールとのラリーに柴野が苦しみ先にブレークを許す。すると負けじと2人とも前に出る攻撃的なプレーで得点を重ねブレークバック。その後は取って取られての一進一退の攻防が続きタイブレークにもつれ込む。5―1となり勝利まであと2点、しかしここで取り切れない。「思い切ったプレーができなかった」(林)、「いつも通りのプレーをしてしまった」(柴野)と語る2人。勢いよく攻めてくる相手に対し受け身に入ってしまうとこのセットを落としてしまう。スーパータイブレークでも流れを変えることが出来ず力尽きる。悔しいベスト8敗退となった。

ダブルス3回戦には高村烈司(商2)・島田達也(人2)組が登場した。開始から、二人の積極的なボレーを軸に4連続ゲームをものにすると、そのまま第1セットを先取。第2セットも勢いのままものにしベスト8へ駒を進めた。圧巻のストレート勝利に2人とも「調子はいい」と自信をのぞかせた。

自己最高の全日本インカレベスト64を更新し続ける加藤隆聖(文4)はこの日も好調。相手は第1シードの中大の望月勇希を破り勢いに乗る早大の町田亮が相手だったが自らの得意とする守りをベースとするテニスで試合を進める。第1セットを先取し第2セットは相手のサーブと強烈なストロークに押され0―3と劣勢に立たされる。しかしここでズルズルとゲームを落とさない。成長したメンタル面と豊富なバリエーションのショットを武器に相手を手玉に取る。スピードと力のあるストロークで攻めてきた相手はこれに疲労しミスショット連発。ブレークバックに成功しその後タイブレークにまで突入したが最後は相手がチャンスボールをサイドアウトし試合終了。「今日勝てて本当に良かった」と加藤。勝利の瞬間両手を挙げ喜びを表にした。

ベスト8に2組残った関大。それぞれ他は関東勢ばかりで関西唯一の8強入りとなっている。打倒関東撃破、インカレ制覇へ。勝負の準々決勝が明日始まる。【文/写真:三木勇人・松浦 智】

▼島田
「去年とは違う。第5シードとして自分たちが格上になる。落とせないという意識になった。今調子はいい状態。キープして今からは挑戦者として思い切っていきたい。今日の試合は昨日と同様にお互いに話し合って自分たちの得意なネットプレーを増やした。いい部分を出せばインカレ優勝はいけると思う。今年は勝ちたい」

▼高村
「あまりシードという意識はしていない。いい試合をしよう、そう考えてきた。最後まで勝ち続けるつもりでやってきている。春関では、シングルスは早期敗退をしてしまった。インカレはダブルスのみになったので絞って練習することができた。なので、調子がいい。明日の相手は第1シードだが、自分たちは勝てるような戦績を残してきていると思っている。どっちが勝ってもおかしくない状況。ベストを尽くして相手を倒したい」

▼加藤
「3年連続ベスト64だったので今回はベスト16ぐらいはと思っていたが今日勝てて本当に良かった。相手は自分から攻めてくるプレーで自分のディフェンスシブなプレーとスタイルが違うのでミスを誘うことを意識した。要所、要所で自分の得意な前でのプレーで得点できたのは良かった。去年までは自分の理想のテニスがあってそのテニスをしていて勝てない時期が続いたが、今は自分の得意な守るプレーをベースにしていって大事なところで攻めるというメリハリを付けていった。試合中でも前まではミスをしたら気持ちを言葉に表していたが今はミスをしてもラケットのガットを見たりして集中を途切れささないようにしている。よく試合中に集中力を切らしてしまう場面があってそのとき周りのプレーとかを見ていたので今は自分のプレーに集中できるようになった。(第2セット0-3のとき)は2-3にしたらいけると思っていてそれができたのでいけると思っていた。(これでベスト8となったが目標は)優勝って言っておきます」

▼鎌田
「第2シードが負けて相手が変わった。チャンスを逃したらだめだと思ったし、その相手もゲーム途中で足をつったのでラッキーな試合が続いた。インカレ前の近畿団体で足を痛めていて先日のダブルスでひどくなった。でも、それを言い訳にはしたくなかった。今日の試合では思っていたプレーはできていた。相手のプレースタイルはやりにくいことはわかっていた。ファーストセットは良くなかったが、セカンドセットは組み立てを意識してできたと思う。来年はシングルスでベスト4以上を目指したい」

▼林
「勝てる試合をものにできずもったいない。負けるとは思っていなくて普段の通り頭を使ってプレーをしていけば良かったが受け身に入ってしまった。思い切ったプレーができなかったのが敗因。もっと動きをつけて自分たちからポイントを取らなくてはいけなかった。1,2回生はベスト8で終わっていて今回はそれを越せるチャンスだったのでできなくて残念。夏関では単複優勝を狙いたい」

▼柴野
「前半は自分たちの思い通りできていて、あと2本と考えたら自分達で取りきらないといけないのにいつも通りのプレーをしてしまったのが敗因ではないかと思う。こっちのほうが押してて技術的にも自分たちの方が高かったからもう一本二本の締め切る部分の集中力の高さがなかった。相手のフォアサイド側はボールが速く、バックサイド側の方はボレーが上手い印象があった。フォアサイド側の方はケガをしていてサーブを打てないという情報があったのでそこで取ろうと2人で話し合っていた。取れた部分もあったが2回に1回ぐらいしか取れていないのでそこをすべて取れていたらもっと楽になったんじゃないかと思う。(結果について)全く満足できないし、後悔しか残らない。今自分に何が足りないかについては分かったが大学テニスで一番レベルが高い大会で最後に勝ちきれないというのが一番悔しい」