【ソフトテニス】相手追い詰めるも3連敗 悔しいベスト8敗退 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第71回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権大会2日目◇8月6日◇石川県立能都健民テニスコート

【準々決勝】
関大●2―3〇天理大
[1次戦]
薮内・岡田 4―2
西岡・古田 4―1
田中・賀川 2―4
[2次戦]
薮内・岡田 1―4
[3次戦]
西岡・古田 3―4

すぐそこに勝利は見えていた。相手を追い詰めたもののまさかの3連敗。賀川ソフテ最後の団体戦はベスト8と悔しい幕切れとなってしまった。

1試合目、2試合目を勝利し、コートに入ったのは、田中純(人3)・賀川綾香主将(安全4)組だった。開始から互いにゲームを取り合う展開が続く。動いたのは2―3となった第6ゲーム。相手の巧みなロブに田中が攻めきれない。甘くなったところをポーチで決められ敗北を喫した。

関大残り2組、天理大1組で始まった2次戦。薮内祥子(人2)・岡田菜帆(社4)組が挑むが流れは相手側。開始1ゲームしかものにできず完敗。勝負は西岡真里華(文3)・古田麻友(人1)組に託された。

泣いても笑っても最後の3次戦、西岡・古田組がコートに入る。開始直後から、相手の粘りのラリーに西岡が攻めることができない。要所でボレーを決められスコアを離される。スコアは0―3、絶体絶命のピンチ。だが、このままでは終わらない。徐々に西岡がラリーで押し始め、古田がボレーでポイントを奪い3連続ゲーム。ファイナルまで持ち込んだ。ファイナルでは緊迫した展開。互いにポイントを奪い合う。しかし、最後は力尽き4連続失点。関大の敗北が決まった。

想定外の3連続敗北に「まさかだった」(賀川)と悔しさを隠し切れない。この雪辱を胸に来年こそ関大ソフトテニス部が日本の頂点をつかみ取る。【文/写真:松浦 智】

▼賀川主将
「結果を出せず悔しい。天理大学には大阪学生チーム対抗大会で勝てていたのでなおさら。(対戦相手の米田・坂本ペアには)勝ったり負けたりだった。3人連続で負けるのはまさかだった。(関大ソフトテニス部を振り返って)応援の力でインカレ2日間も助けられた。関大は一体感のあるチーム。後輩たちは前年準優勝と悔しい思いをしている。優勝を目標に頑張っていってほしい」

▼薮内
「インカレの団体に初めて出させてもらった。4回戦で今日みたいな結果になって悔しい。ただ悔しい。焦ったときに前衛など変なことをしてしまう。メンタルが今後の課題。秋リーグ、春リーグも大切だが、インカレで勝てるようにしていきたい。次のインカレで日本一をつかめるように積み重ねをしていきたい。自分がチームを引っ張っていきたい」