【ソフトテニス】岡田流れ引き寄せた!ベスト8進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第71回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権大会1日目◇8月5日◇内浦運動公園テニスコート

【1回戦】
関大○3―1●文教大
[1次戦]
薮内・岡田 2―4
田中・賀川 4―1
西岡・古田 4―2
[2次戦]
田中・賀川 4―3
【2回戦】
関大〇3―0●国士舘大
[1次戦]
薮内・岡田 4―1
田中・賀川 4―0
西岡・古田 4―3
【3回戦】
関大〇3―0●東京経済大
[1次戦]
薮内・岡田 4―1
田中・賀川 4―1
西岡・古田 4―2
※殲滅戦。3組試合を行い、勝ち残ったペアは相手大学の勝ち残ったペアと試合を行う。これをどちらかの大学が全滅するまで繰り返す。

経験豊富な副主将がポイントを量産。団体ベスト8入りを果たし、悲願の日本一は明日に託された。

安心できる試合運びではなかった。初戦の文教大戦では、薮内祥子(人2)・岡田菜帆(社4)組が敗退。まさかの2次戦までもつれると、バトンを受けた田中純(人3)・賀川綾香主将(=安全4)組もファイナルまで粘られるなど先が危ぶまれた。

続く2回戦では調子を取り戻す。1組も取りこぼすことなく順当に3回戦へと駒を進めた。

ベスト8をかけた3回戦。相手は、関東1部の東京経済大だった。先陣を切ったのは薮内・岡田組。相手後衛との早いラリー勝負を薮内が演じ拮抗した状態が続く。だが、「思い切っていった」と副主将・岡田。言葉通り積極的なポーチで薮内をサポート。立て続けに得点を奪い勝負を制する。田中・賀川組もこの勢いに乗った。大会直前に結成した急造ペアではあったが、息の合ったプレーを披露。田中のストロークで崩し賀川がボレーで決める理想の展開でゲームを支配し、関大に白星をもたらす。西岡真里華(文3)・古田麻友(人1)組は、第1ゲームをデュースの末、13―15で落とした。しかし、その後は西岡の回転のきいたボールで主導権を握り勝利。ベスト8へと勝ち進んだ。

明日の初戦は天理大。西カレを同じベスト4で終えている難敵だ。だが、「目標は優勝。向かっていくしかない」(賀川)。明日、賀川ソフテ最終章を最高の形で締めくくる。【文/写真:松浦 智】

▼賀川主将
「初戦あまり力を出せずひやひやした展開になってしまった。思い切っていったらうまくいった。今回は直前で調子の関係もありメンバーを変えた。目標はインカレ優勝。向かっていくしかない」

▼岡田
「初戦の調子があまり良くなかった。3試合目、これが引退試合だというくらいの気持ちで思い切っていった。縦を捨て横を重視した。調子としては良くはない、だが、薮内が良くラリーをしてくれた。ここからは関東勢との戦い。日体大には王座で負けているので向かっていく気持ちを大切にしていきたい」