【アイススケート】白岩優奈、紀平梨花、本田真凜インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西大学教育後援会70周年アイスショー◇7月2日◇関西大学たかつきアイスアリーナ◇

アイスショー終了後、囲みインタビューが行われた。以下は白岩優奈(KFSC)、紀平梨花(KFSC)、本田真凜(関西大学中・高スケート部)のインタビュー文字起こし。

【白岩優奈インタビュー】

――改めて、今日のこの記念事業のアイスショーですけど、滑ってみて感想はどうですか?
白岩 せっかく招いてくださったんですけど、私があまりいい演技をすることができなくて、すごい申し訳ない気持ちです。

――今日は新しいプログラムだったと思うんですけど、どういったプログラムか聞かせていただけますか?
白岩 今日演技したのは、ショートプログラム(SP)で『亜麻色の髪の乙女』っていう曲です。

――『亜麻色の髪の乙女』を選んだのはなぜですか?
白岩 去年のSPはすごい楽しくて、弾けるようなものだったので、今回は静かな曲で演技してみたいなと思った時に、いろんなスケーターさんの演技を見て私もこの曲で滑ってみたいなと思いました。

――今シーズンはシニアデビューシーズンになると思うんですけど、そこへの意識はありますか?
白岩 やっぱりシニアになると、表現力っていうのがすごい大事になってくると思うんですけど、まずミスしないっていうのが第一で、そこからどんどんスケーティングや表現力を身につけたいと思います。

――こうして人の前で演技をすることもこれから増えていくと思いますけど、今シーズンの目標と、今そこへ目がけてやっていることを教えてください。
白岩 まず、今シーズンの目標は、自分に勝つことです。やっぱり自分に甘かったりすることが多いので、自覚をもってシニアとして練習していきたいなと思っています。

――最終的には?
白岩 最終的にオリンピック出場を目標にしています。

――「自分に勝つ」というテーマなんですけど、今シーズン何か新たに挑戦したいことはありますか?
白岩 今シーズンは、世界のトップの選手たちと戦うので、新しい技にチャレンジしていかないといけないという風に思っています。でも、やっぱりその他のスピンやスケーティングや表現力の部分で差がどんどん開いていくので、そこが少しでも縮まればいいかなと思います。

――自分に甘かったりするとおっしゃられていましたが、どういうところが甘かったなと思いますか?
白岩 練習はしていても、「これくらいでいいかな」とか、限界までやっていないところだと思います。

――フリープログラムのことを教えてください。
白岩 フリーは『展覧会の絵』という曲で演技します。

――SPの振り付け師の先生を教えていただいてもいいですか?
白岩 SPは去年と同じでジェフリー・バトル先生です。

――フリーの『展覧会の絵』はどういう風な経緯というか、テーマで?
白岩 もともと去年使う予定だったんですけど、骨折してしまって、このプログラムを使うことができなかったので、じゃあ今シーズン使おうということで、『展覧会の絵』になりました。

――今現在のジャンプの出来とか、コンディションはどんな感じか教えていただけますか?
白岩 まだ最近靴を替え始めたところなんですけど、練習では新しい技を足しつつ、セカンドトリプルループの精度を上げています。

――新しい技というのは?
白岩 トリプルアクセルや4回転の練習です。

――感触は?
白岩 今シーズン中には入れたいなと思います。

――トリプルアクセルですが、成功は何回かあるのですか?
白岩 まだ(成功)したことはないです。

――あとどれくらい?
白岩 分かりません(笑)。

――いつくらいからやり始めたのですか?
白岩 6月、コロラド合宿に行った時です。

――4回転というのは、トーループですか?
白岩 最近はループを。たまにトーループとサルコウをやっています。

――それぞれ手応えっていうのはどんな感じですか?
白岩 最近はサルコウはあまりよくなくて、ループとトーループはもう回っているって感じです。

――もう降りた?
白岩 降りてはないです。

――ジャンプを跳ぶ時にお手本にしている選手は?
白岩 アクセルに関しては浅田真央さんの動画を見たり、身近に跳んでいる方がいるので、見て、研究というかお手本にしています。

【紀平梨花インタビュー】

――改めて今日アイスショーで滑ってみた感想を聞かせてください。
紀平 いつも滑っている関西大学で、お客さんも沢山来てくれて表情や気持ちが伝わるように演技しました。

――あれはエキシビションの曲ですか?
紀平 そうです。

――今年はジュニア2年目のシーズンになると思うんですけど、こういうことにチャレンジしたいなということはありますか?
紀平 チャレンジというか、表現とか意識してやりたいんですけど、これからまだまだシーズン始まるまでに、しっかり試合ではチャレンジできるようにしたいです。

――今、今シーズンに向けてどんな練習をしているか教えてください。
紀平 プログラムをミスなく滑ることと、トリプルアクセルと4回転の練習をしています。

――4回転は何を跳ばれていますか?
紀平 サルコウとトーループです。

――成功率はどれくらいですか?
紀平 あんまりまだ跳んでいないんですけど、4分の1か5分の1くらいだと思います。

――今まで何本成功したとか数えていますか?
紀平 数は数えてはいないんですけど、5回くらいだと思います。

――4回転を今シーズンのプログラムに入れるということはありますか?
紀平 今シーズン入れることは考えていないんですけど、来シーズン、シニアに上がったくらいには入れれたらいいなくらいに思っています。

――紀平さんは今回、年齢制限もあってシニアには上がれないと思うんですけど、オリンピックシーズンというところで、自分の中ではどういう風に見ていますか?
紀平 オリンピックが懸かっている人は沢山いると思うんですけど、うまい選手がジュニアにもいるので、ジュニアの中で1つ1つの試合を自分で「よかったな」と思えるシーズンにしたいです。

――オリンピックへの意識っていうのはこういうシーズンを過ごすと変わってくるものはありますか?
紀平 まだ、少しわからないですけど、オリンピックシーズンの追い込んでいるところとかは参考にしていけたらと思います。

――今シーズンの目標を聞かせてください。
紀平 全日本ジュニア(フィギュアスケート選手権大会)と、(ISUグランプリ)ファイナルと世界ジュニア(フィギュアスケート選手権大会)で優勝することです。

―—SPとフリーのプログラムを教えてください。
紀平 フリーは『道』で、SPが『カンフーピアノ』です。

――振り付け師の方は?
紀平 フリーはジェフリー・バトルさんで、SPがトム・ディクソンさんです。

――どんなプログラムになっていますか?
紀平 フリーはすごい大きく、空を飛び立つような演技の仕方で、SPはすごい力強く、そのようなものは初めてで今までとは違ったプログラムになっていると思います。

―― ジュニア2年目ですが、1年目と比べてどんな成長をしたいなというのはありますか?
紀平 プログラムのミスなく滑って優勝を目指して自分の最大限を出せるようにしていけたらと思います。

――4回転に挑戦したのは?
紀平 4回転はやってみたことがなかったので、「1回やってみようかな」という感じでやってみたら、思ったよりもできたので。

――いつ頃最初に?
紀平 コロラド合宿くらいで、5月の連休の後半くらいです。

――4回転とトリプルアクセルは、自分の中で難しさというのはどうですか?
紀平 トリプルアクセルと4回転は全然違っていて、4回転はうまくいけばどんどんその調子でいけたりするんですけど、トリプルアクセルはちょっとの軸とかで変わってしまうので、4回転もすごい難しいんですけど、トリプルアクセルは同じくらい難しいです。

【本田真凜インタビュー】

――今日滑ってみた感想を改めて教えてください。
本田 関大のスケートリンクを記念行事で滑れたことは嬉しかった。2シーズン前のSPを滑ったんですけど、新鮮な気持ちでまた演技できましたし、ジャンプもいいものができたんじゃないかなと思います。

――2シーズン前の『スプリング・ソナタ』を今回滑ろうと思った理由はなんですか?
本田 すごい好きなプログラムで、ジュニア1年目の時のSPなんですけど、自分にピッタリな曲で、シニアデビューするシーズンが昨日(7月1日)から始まって、その曲をもう1回滑ってみたいなと思って滑りました。

――今、お話にも出ましたが、昨日からシニアデビューのシーズンが始まりましたが、何か新しい気持ちというのは芽生えてきていますか?
本田 去年は6月くらいから「あと1カ月でシーズン始まるなぁ」というのがあったんですけど、今回は7月1日になってみて「あれ、今日?」と思って(笑)。そんな感じで全然気持ちの部分で新しいシーズンに向けてっていう大きな気持ちは去年に比べたらないですけど、試合は早くしたいなという気持ちです。

――今年はシニアデビュー1年目、かつオリンピックシーズンですけど、そこに向けての練習は?
本田 SPもフリーもプログラムが出来上がって、今はそのプログラムを練習しています。

――オリンピックシーズンに向けて、今の状況、手応えなどはいかがですか?
本田 今シーズンにぴったりな感じのSPもフリーも、自分でやっていて本当に楽しくてワクワクして、これからもっとよくなっていくためにも、毎日毎日練習していくのが楽しいプログラムがSPもフリーもできているので、早く試合がしたいなという気持ちです。

――その意味でも今日こうやって人前で滑ったというのは、気持ちが心機一転しましたか?
本田 去年のシーズンに比べれば、去年は毎週毎週ショーに出させてもらっていて、今年はちょっとだけ少なくして。でもアイスショーも本当に好きなので、こうやってお客さんの前で滑るっていうのは練習より全然好きで。楽しかったです。

――今日、先輩の宮原知子選手(文2)がけけがから始めて人前で滑る機会だったんですけど、けがの間っていうのは本田選手はどのようにご覧になっていましたか?
本田 3カ月くらい会っていなくて、東京で久しぶりに会って、最初全然誰か分からなくて。髪の毛が短くて。5月から氷上で一緒に滑っていて、お手本になる先輩が毎日一緒に練習っていうのがまたできるようになったので、いい環境で自分も今、練習ができているかなと思います。

――今シーズンは自分にぴったりなプログラムとおっしゃっていましたが、SPとフリーは今教えていただけますか?
本田 SPが『ジェラシー』と『ラ・クンパルシーナ』っていう曲をミックスさせたタンゴな感じの曲で、フリーが『トゥーランドット』です。

――タンゴは今までのものとは違いますか?
本田 ずっとタンゴを使ってみたいなっていうのは3年くらい前から思っていたんですけど、シニアデビューした時に使いたいなと思って。元々そのタンゴ系の強い感じの曲の表現が好きで、得意で他の選手のプログラムを真似して滑っていたりしたので、今年使えるシーズンになって、毎日毎日本当に楽しいです。

――オリンピックシーズンに『トゥーランドット』というと荒川静香さんがお使いになったりとか、今シーズンは宇野昌磨選手(トヨタ自動車)も使われますけど、何か「オリンピックといえば」という曲だとか、その辺りはいかがですか?
本田 SPのほうはタンゴを使いたいなってずっと思ってたので、やっと今年使えると思って、そのタンゴの中で自分で曲を選んで作っていったんですけど、フリーは全く自分が何を滑りたいというのが思いつかなくて、先生が決めてくれて使ったってかんじなんですけど、濱田チームの先輩の太田由希奈さんが世界ジュニアで優勝した時のプログラムで、すごく先生も思い入れのあるプログラムだって言っていたので、自分がそのプログラムを受け継げるように頑張っていけたらいいかなと思います。

――そのプログラムで自分が今表現したいことってなんですか?
本田 みんなが知っているような有名な曲なので、自分らしく演技したいなっていうのと、完璧な演技をするプログラムだと思うので、シーズン最初から気合入れてやっていきたいなと思います。

――今シーズンの目標を教えてください。
本田 今シーズンはオリンピックに出場することを目標にやっていきたいなと思います。

――SPとフリーの振り付け師の先生を教えてください。
本田 SPがジェフリー・バトルさんで、フリーがデイヴィッド・ウイルソンさんです。タンゴのほうは今年の世界ジュニアのSPの時に、試合の前にちょっと暇があったので、タンゴっていう大まかな曲の中で、自分で色々調べて、辿り着いたのが『ジェラシー』と『ラ・クンパルシーナ』で。一緒に編集しながら作ったので、本当に毎日楽しくて、振り付けもすごく難しいので、毎日毎日自分が「あ、ここよくなってる」って思えるように練習ができているので、楽しいです。

――今日は(本田)太一選手(経1)とか、ご兄弟も出演されていましたが。
本田 赤(の衣装)が本田家にちょっと多くて(笑)、「かぶったねぇ」にみたいな話してたんですけど。マンボはあと(本田)望結(関西大学中・高スケート部)が使えば制覇で(笑)、望結に来年くらい使ってほしいなぁって思ってるんですけど。(本田)紗来(京都醍醐FSC)も、真凜も太一もマンボを使ったので、あと望結だけだねって話してました。

――ジャンプの構成は?
本田 まだ確実には決まっていないんですけど、その日その日で自分の調子に合わせながら色々やって楽しんでいます。

――プログラムに入れたいものは?
本田 SPは自分でステップを一番最後にしてほしいっていうのを伝えて、やっぱりSPってすごくジャンプが大切なのでいつもその間にステップを挟むプログラムだったんですけど、後半のジャンプのことを考えながらステップをしちゃう時が多かったので、絶対ジャンプを3つ決めて、すごいかっこいいステップなので、ステップの場所だけ最後にしてほしいと伝えました。いつもは振り付けしてもらった時から割といい感じにできるんですけど、今回は自分がついていけないようなプログラムを最初に作りたくて、本当に難しい感じのステップなので、毎日やっていて本当に楽しいですし、今日はここができるようになったって自分で実感しながら練習しています。