【空手道】中島が決めた!関関戦2年連続勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第40回総合関関戦◇6月17日◇関西学院大学総合体育館2階小アリーナ◇

【試合結果】
先鋒・玉置  2-0 ◯
次鋒・片岡  3-0 ◯
三鋒・山口彩 0-5 ●
四鋒・谷口  6-0 ◯(C2反則勝ち)
五鋒・沼生  1-0 ◯
六鋒・八木  0-2 ●
副将・中島  4-2 ◯
大将・田坂  3-3 ●(先取点を取られていたため規定により敗戦)

【総合成績】
関大5-3関学大

去年は接戦を制した関大空手道部。今年も去年と同様、女子3人、男子5人の8人団体制の組手競技を行いその総合成績で勝敗が決まる。

まずは先鋒の玉置薫(法3)。積極的な攻めで相手に攻撃を打たせず、残り時間57秒で有効を奪い一点を先制する。終盤にも何とか同点に持ち込みたい相手が繰り出した中段突きを冷静に返し再び有効を奪う。最後まで相手に形を作らせず、大事な1戦目を白星で飾る。

続いて、次鋒の片岡彩葉(商4)。序盤から相手の猛攻にあうも、常に意識しているという間合いを巧みに使い相手に得点を与えない。そして、残り時間1分10秒で1つ有効を奪うと、すぐに再び有効を奪い流れを完全につかむ。終盤にも1つ有効を奪い、女子が2連勝を決めた。

三鋒は、山口彩絵(人4)。2連勝の勢いそのままに序盤から果敢な攻めを見せる。しかし、一瞬の隙を狙われ中段蹴りを与えてしまい2点を先制されてしまう。その後反撃を試みるも、相手の長いリーチの突きに苦戦し失点を重ねてしまい、この試合を落としてしまう。

男子の一番手の四鋒は、谷口玄(人3)。試合は一進一退の攻防を見せるもたがいに得点が奪えない展開が続く。しかし、残り時間1分相手の一瞬の隙を見逃さず、上段回し蹴りが決め一本を奪い一気に3点を奪う。その後相手は冷静さを失ったのかC2の反則を重ね、失格となってしまう。まさに一撃で関大に貴重な3勝目をもたらした。

いい流れで続く五鋒は沼生僚太(経2)。序盤から相手の攻めに苦しめられる展開となるが、これをかわし続け得点を与えない。一方で、なかなか攻撃に転ずることができない。スコアレスドローが頭をよぎった残り時間22秒。相手の上段突きに反応しカウンターで中段突きを決める。そのまま逃げ切り関関戦勝利に向けて大きな白星をもぎ取る。

勝利に王手をかけ、六鋒は八木達也(商2)。しかし、残り時間35秒で有効を奪われてしまう。その後攻撃を仕掛けるも力尽き2敗目を喫してしまう。

試合の流れが大きく左右される副将戦に中島郷(人1)が挑む。序盤から軽いフットワークを駆使し相手にまともに攻撃をさせない。しかし、不用意に出してしまった上段突きをカウンターで返されてしまい1点を先取される。その直後にも有効を奪われる。不穏な空気が漂う。しかしその後1点を返し、さらに、試合終了間際には相手の一瞬の隙を狙い「こんなにきれいに決まるとは思わなかった」という見事な上段蹴りが決まり値千金の一本を奪い逆転。まさに劇的な勝利を収めた。また、この時点で関大の勝利が決まった。

最後の大将戦では主将の田坂紘希(文4)が出場。試合は1点ビハインドの残り時間15秒に相手の中段蹴りをかわし同点となる上段突きを決め主将の意地を見せるも、先取点を取られていたため規定により敗戦。最後を白星で飾ることはできなかった。

「今日はチーム全員が勝ちたいという気持ちが前面に出ていた」(田坂主将)。この関関戦で大きな自信を得た関大空手道部。この勢いで次の大会でもチーム一丸で
勝利をつかむ。【文:永津星斗/写真:谷満梨奈】

▼田坂主将
「西日本での課題を各自で克服し、関関戦に勝つということだけを目標に練習を重ねてきた。女子が勝ち越して男子の四鋒の谷口の勝利がいい形をつかんでくれた。続く沼生もその流れを止めなかったことが今回の関関戦の一番の勝因だと思う。今日はチーム全員が勝ちたいという気持ちが前面に出ていた。この気持ちを切らすことなく次の試合でも積極的に攻めていきたい」

▼片岡
「全員が勝ちたいという気持ちで臨めることができた。先鋒の玉置が勝ってくれてチームが盛り上がり勢いをつけることができた。その盛り上がりを自分自身でさらに上げていくことが出来て良かった。関学の人たちは強い人が多いので、今回の関関戦の勝利は今後の大会で強豪校である近大や京産大と戦う時の大きな自信になると思う」

▼中島
「西日本の時は突きでポイントを取れていなかったが、今回の関関戦では突きでポイントがとることができて良かった。2点ビハインドで残り時間がわずかだったので一本を狙っていたが綺麗に決まったのでとても気持ち良かった。自分が負けていたら大将戦の田坂さんにすごいプレッシャーがかかると思ったので勝つことができて良かった」