【卓球】ミスが響き、痛い敗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生秋季リーグ戦第1節対天理大◇8月25日◇京都府立体育館◇

【試合結果】関大1-4天理大

2部リーグで戦う卓球部女子。1部に上がるという目標を達成するためにも「倒さないといけない相手」(安川主将)。開幕戦を勝利で飾りたい。

第1シングルスには南木が挑んだ。良い流れをつくりたいところだが、開始からミスを連発してしまい、第1セットを先取される。第2セットも序盤は相手ペース。中盤以降に流れをつかみデュースに持ち込んだが、レシーブミスが出るなどこのセットも奪われてしまう。第3セットは南木が相手のミスを誘いリードを広げる。

IMG_1678w

しかし、徐々に点差をつめられ逆転を許す。最後は深く攻め込まれた球をうまく返したがネットにかかり試合終了。初戦をストレートで落としてしまった。

流れを変えたい第2シングルスには主将である安川が登場。第1セットこそ落としてしまうが、第2セット以降は攻めの卓球で相手のミスを誘う。さらには、苦しいラリーでもしっかりと粘って得点に結びつけるなど主導権を渡さない。

IMG_1724w

最後はレシーブを決め、セットカウント3-1で相手を下した。

安川がつくった流れに続きたかったが、第3シングルスの田頭は思うように得点を積み重ねられない。

IMG_1816w

第1セットを失うと、その後も流れをつかめずストレート負けを喫する。

続くダブルスには南木・増田ペアが登場した。互角の戦いを見せ、ファイナルセットにもつれ込んだ。序盤から相手のミスで得点を重ね、8-4とリード。

IMG_1866w

ここから4連続でポイントを奪われるものの、逆転は許さない。マッチポイントを関大が握ったが、立て続けにミスが出てデュースに持ち込まれる。再びマッチポイントを取りたいところだったが、逆に奪われ、続くポイントもレシーブミス。接戦をものにできなかった。

1勝3敗と後がなくなった関大。第4シングルスには松本が挑んだ。

IMG_1954w

カットで相手を焦らそうとするが、ミスが続いて第1セットを失うと、その後もなかなかリードを奪えない。最後もミスで失点し、ストレート負けに終わった。

試合後、安川主将は「リードしてダブルスに回したかった」とシングルスで勝ち越せなかったことを反省点に挙げた。「チームで1つになって悔いなくみんなで戦いたい」(安川)。

IMG_1632w

開幕戦を黒星でスタートした関大だが、チーム一丸となって1部昇格を目指す。【林 亮佑】

▼安川主将

「このリーグの目標は1部に上がるということ。今日は勝ったら勢いをつくれるし、1部昇格には倒さないといけない相手。今日勝てなかったのはいたい。前半で2本取らないといけない。リードしてダブルスに回したかった。その後のシングルスもダブルスの負けを引きずってしまった。出だしでミスをしてしまうところが多かった。練習から出ている部分がもろにでてしまっている。勝つことが1番。チームで1つになって悔いなくみんなで戦いたい」