【卓球】春リーグ2勝目!最終日へ弾みつけた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第5日目対武庫女大◇5月6日◇いきいきランド交野

関大4―1武庫女大

S1北岡 1(3-11、7-11、12-10、10―12)3
S2赤川 3(11-4、11-9、11-4)0
S3鈴木 3(8-11、11-6、5―11、11-3、12-10)2
D1南木・赤川 3(11-6、10-12、11-9、11-7)1
S4冨田 3 (12-10、4-11、11―8、11-7)1

男子と同じく『1部昇格』を目指し、春リーグを戦ってきた卓球部女子。残り2戦で、1勝2敗と負け越している。目標達成のために今日は何としても勝ちたいところだ。

第1シングルスに登場したのは春リーグ3戦全勝の北岡さと子(文2)。個人の連勝を4にのばしたいところだが、第1ゲーム開始から5連続ポイントを奪われ、相手にペースを握られる。巻き返しを図りたかったが、3点しか取れず。続く、第2ゲームも序盤から相手にリードを許す展開に。最大4連続得点など応戦する場面が見られたものの、逆転できず、2ゲームを連取される。勝利のために落とせない第3ゲーム。北岡が本来の調子を取り戻すと中盤まで一進一退の攻防となる。カウントを8-10とされるがそこから4連続得点し、ゲームカウントを1-2とする。しかし、「北岡がいつも勝っている相手に初めて負けた」と南木虹穂(法4)。4ゲーム目もデュースにもつれ込んだが相手を攻略することができず。北岡個人としては今季初黒星となった。

一歩リードを許し、負けられない第2シングルスに起用されたのは赤川真理亜(化生1)。この日も調子の良さは健在。第1ゲームは、4-4の同点から怒とうの7連続ポイントで一気に試合を決めた。続く第2ゲームは、一時5点差とされるが、またも7連続得点を決め、2ゲームを連取した。第3ゲームも4点しか与えず、ストレート勝ちを収めた。

ゲームカウント1-1の同点で迎えた第3シングルスには鈴木理布(社2)。第1ゲームは中盤にスコアが8―8と一進一退の攻防を繰り広げたが3連続得点され、一歩リードを許す。続く、第2ゲームでは、いきなり3連続得点すると「バックがいつも通り効いていた」と鈴木。一時は逆転されるも6連続得点し相手を圧倒。最後は2連続ポイントをきめ、11-6でこのゲームをものにした。しかし、第3ゲームは逆に相手にリズムをつかまれると5点しか奪えず、ゲームカウントを1-2とされる。勝利するために落とせない第4ゲーム。カウント2-2から怒とうの8連続得点。勝利への執念を見せ、僅か3点しか与えず。勝負は最終ゲームへともつれ込む。開始から2連続得点を決めるがその後は互いに攻め合い、デュースへともつれ込んだ。マッチポイントを握ると「フォアで振り切れて良かった」と鈴木。
豪快なフォアがきまり、2勝目を挙げた。

リードして迎えた第1ダブルスにはこの日始めてペアを組んだ南木・赤川組が挑んだ。「ダブルスは初めてのペアだったが楽に試合ができてよかった」(南木)。初ペアながらお互いが息の合ったコンビネーションを見せ、11-6で第1ゲームをものにした。第2ゲームは中盤で8-5とリードするが、相手に巻き返され試合を振り出しに戻される。3ゲーム目は一進一退の攻防が続くも、最後は3連続得点し、11―9で制した。お互いの息が合い始めると第4ゲームは、自分たちのペースに持ち込む。追い上げられる場面もあったものの、要所で得点し、勝利へ王手をかけた。

第4シングルスに登場したのは、全日本選手権大会に出場経験のある冨田彩菜(情1)。第1ゲーム開始から4連続得点するなど、リズムをつかむ。一時はスコアを8-2とするが、巻き返されデュースにもつれ込む。しかし、焦ることなく2連続得点を決めこのゲームをものにした。続く、第2ゲームでは相手に圧倒され4得点しかできなかった。第3ゲームも相手にリードを許す苦しい展開に。しかし、終盤で冨田がリズムをつかむと11―8で制した。ゲームカウントを2-1とし迎えた4ゲーム目。お互いに攻める場面が多かったが、要所で得点を決めた冨田に軍配が上がった。

これで通算成績を2勝2敗とした卓球部女子。「明日華頂大に勝てば、3位が確実で2位の可能性もある」と南木。目標達成に向け、明日運命の一戦を迎える。【文:奥井健太/写真:永津星斗】

▼南木女子主将
「今日は、北岡がいつも勝っている相手に初めて負けた。全体的には天理大戦よりは良かった。ダブルスは初めてのペアだったが楽に試合ができてよかった。明日華頂大に勝てば、3位が確実で2位の可能性もある。もしかしたら入れ替え戦いけるかもしれない」
▼鈴木
「春リーグは、2年生になって違うプレッシャーを感じていた。今までいい試合をできていなかったので昨日から気持ちを切り替えてチームのためにという気持ちで臨んだ。今日もその気持ちで。それがあったので負けてもなんともなかった。それが勝つことにつながったと思う。負けたらどうしようとか思わずに自分のしようと思うことをした。プラスに考えて、バックがいつも通り利いていた。不安な気持ちもなかった。マッチポイントの時にフォアで振り切れたのは良かった。華頂大はいつも競り負けたり勝ったり互角。こっちも向かっていって勝ちたいと思う。みんなで勝ちに行く」