【サッカー】竹下、永松の得点で準決勝進出!総理大臣杯出場権を手にした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第46回関西学生選手権大会準々決勝対立命大◇7月2日◇西京極総合運動公園陸上競技場◇

【前半】関大2-0立命大
【後半】関大0-0立命大
【試合終了】関大2-0立命大

関西選手権4回戦で大商大に勝利し準々決勝に進んだ関大。勝てば総理大臣杯出場が決まる負けられない戦い。相手は、前期リーグ戦第3節に2-1で制した立命大だ。

気温と関大の応援で会場の熱が高まる中、試合が始まった。前半開始早々にFK(フリーキック)を獲得。MF中井英人(人3)のボールにFW竹下怜王(社4)が頭で合わせるが、ゴールネットを越える。守備では、DF荒木隼人(商3)が空中戦で相手を圧倒した。スムーズなパス回しで試合を進める中、11分。試合を動かしたのはまたもこの男、2試合連続得点中のFW永松秀麻(化生4)だ。FKからのカウンターでMF森主麗司(文3)のからのパスを受けた永松は、キーパーとの1対1を制し先制点を奪う。危ない場面では、GK安川魁(情3)の好セーブを見せた。その後も関大は好機を作り出し、相手のゴールを脅かす。

そして27分、MF塩見仁(安全4)が相手DFを崩し、竹下へパス。そのまま冷静にゴール左下に流し込み、追加点を挙げた竹下はガッツポーズを見せた。40分にはMF塩谷仁(人3)が強烈シュートを放つが、惜しくも相手キーパーにはじかれる。関大が2点リードしたまま前半を終えた。

折り返した後半、攻撃の流れは立命大に。12分にはカウンターをとられシュートを打たれるも、安川がまたもナイスセーブで守り切った。攻撃の流れを戻し始め、竹下や途中出場のFW加賀山泰殻(人3)が相手ゴールを襲うが、得点には結びつかない。その後の守備では、右サイドから突破してきた相手にDF羽田健人(情2)が堅守を見せ反撃を許さない。全員で粘り強く2点を守り抜き、試合終了。ホイッスルを聞いた選手たちは、安心したようにハイタッチを交わした。

立命大に完封勝利を収め、全国大会への出場が決定した。準決勝も止められない関大の勢いで阪南大に勝利する。【文:野村沙永/写真:川﨑恵莉子】

▼前田雅文監督
「立命大は10試合負けなしで、関大は負けの試合もあった。難しいとは思っていたが、今日はチーム全体でやろうとしていたことが全員実行できた。(永松選手に関して)シュートに関しては上手くて、守備に関しても下がらずにやれている。ストロングの部分がよく出ている。サブの選手の調子も良い。優勝するためにはフレッシュな選手の活躍が必要になってくる」

▼竹下主将
「(久しぶりの得点について)それまでチームに迷惑をかけてきたので、とれたのは大きなことだと思う。今日決めたことに満足せず、今後も続けていきたい。練習でディフェンスの対策をしてきて、選手間でコミュニケーションをとれた。前田監督の指示もあり、相手に詰めることができた。声をかけながらうまくいかない部分も修正できて無失点で抑えられた。永松は同回生として、1回生からの頑張りを知っているので、そういう選手の活躍はうれしい。その反面、同じFWとして負けたくない気持ちもある。連戦なのでチームでケアして、今回の課題を修正して次も勝ちたい」

▼永松
「昨日から気合は入っていて、(竹下)玲王とも前の2人で点取ろうと話していた。1試合1点取ると決めているので、今日も決められて良かった。ディフェンスではチームとして決めていたことが実行できたと思う。特に前半は相手にほとんど何もさせなかったので、理想的な展開だった。今日勝って全国を決めることは最低条件。関西選手権前回王者として、今年もタイトルは取りにいく。今日勝てた喜びはあるが、準決勝に向けてまた気を引き締めていきたい」