【卓球】無傷の開幕4連勝!『2部全勝優勝』に向け、次節大一番龍大戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第5日目対神大◇5月6日◇いきいきランド交野◇

関大4―0神大

S1原  3(11-9、11-5、11-5)0
S2坂根 3(11-3、11-8、11-7)0
S3杉山 3(11-8、11-8、11―7)0
D1坂根・持田 3(11-6、11-9、11-7)0

昨日、阪大に勝利し『2部全勝優勝』を射程圏内にとらえた関大。前節は、春リーグ初のセットカウントを落とす試合となってしまったが、大一番である明日の龍大戦を前に今日は、4連勝で終え弾みをつけたいところだ。

第1シングルスを任されたのは前節接戦の末、惜しくも敗れた原健一郎(人3)。前日とは打って変わりこの日は好調だった。第1ゲームは中盤まで一進一退の攻防となるが、原が終盤にリズムをつかむと8―8から2連続得点。その後1点を取り返されるも、デュースにはもつれ込ませずこのゲームを奪った。2ゲーム目は、勢いを維持し開始から4連続得点を奪うと、中盤には華麗なスマッシュを決めるなど相手を寄せ付けず、11-5でこのゲームも獲得。続く第3ゲームは開始から怒涛(どとう)の7連続得点を奪うなど相手を圧倒し、このゲームも奪取した。ストレート勝ちを収め、原にとって大きな1勝となった。


▲原

第2シングルスに登場したのはエース・坂根翔大(経2)。「最初から自分のペースをつかめた」と語ったように最大6連続得点を奪い、相手に3ポイントしか与えず軽々と第1ゲームをものにした。第2ゲームは中盤まで点の取り合いとなるが、6―7の1点差から一気に4連続得点。次のポイントは相手に与えるも連続得点は許さず2ゲームを連取した。勝利まで後1ゲームとし迎えた第3ゲーム。開始から4連続得点を与えてしまうなど1―6と一時劣勢に立たされてしまうが、4連続ポイントを奪い5-6と徐々に息を吹き返す。次の得点は許してしまうも、持ち味のフォアハンドを武器に6連続得点しこの勝負にけりをつけた。


▲坂根

第3シングルスは、1年生ながらここまでリーグ全勝の杉山孝知(社1)。1ゲーム目はいきなり3連続得点を許してしまう。しかし、徐々に立ち直り始め中盤にはスコアを6―8とする。強烈なフォアが相手のミスを誘い、ここから一気に5連続得点しこのゲームを獲得した。第2ゲームも開始から2連続得点を許し劣勢の状況となるが、スコアを6―7としたところから持ち味を発揮しまたも5連続得点し、このゲームも逆転勝ちで決める。続く第3ゲームもリードを許す展開となるが、前のゲーム同様終盤に5連続得点を決め、開幕4連勝に王手をかけた。


▲杉山

勝利まであと1つとしたところで登場したのは第1ダブルス持田憲大(経3)・坂根ペア。第1ゲームは中盤まで互いにポイントを重ねる展開となるが、最大3連続得点で相手を圧倒し、このゲームを獲得する。2ゲーム目は、先制するも「少し苦戦した」と坂根が語ったように3連続ポイントを許してしまうなどスコアを6-9とされる。しかし、お互いの持ち味が徐々に出始め強烈なフォアやバックで相手を翻弄(ほんろう)。一気に5ポイントを奪い、勝利までついにあと1ゲームとなった。続く第3ゲームは、相手が勝利への執念を見せ、いきなり5連続得点されてしまうが徐々に点差を詰めていき「声掛けを結構した」と坂根が語ったように息のあったコンビネーションが光り出す。驚異の7連続得点を決めると逆転で勝利を手繰り寄せた。


▲坂根(左)・持田

関大の4連勝が先に決定したが、その後の試合で龍大が大経大を下したため、2校の勝利数が4で並び明日が2部優勝決定戦となることが決まった。勝てば1部自動昇格、負ければ1部との入れ替え戦に進む。大一番を前に「4―3になってでも勝ちに行く」と渡邊賢太主将(文4)は総力戦になることを覚悟した。目標の『2部全勝優勝』に向け、運命の一戦を迎える。【文:奥井健太/写真:永津星斗】

▼渡邊主将
「向こうも去年2部3位で、苦しい試合になると思ったが4-0で行けた。対策はしなかった。全員で勝ちに行くことだけを意識した。明日の相手は今までと比べ物にならないくらい強い相手。挑戦者という気持ちを忘れずに。4-3になってでも全力で勝ちに行く」
▼坂根
「今日は大体慣れていて、シングルスは最初から自分のペースをつかめた。(ダブルスは、)相手がペン異質型で少し苦戦した。声掛けを結構した。攻めて点を取るんじゃなくて、守ってこっちの球を出していこうと。全体的には自分のミスが目立った。途中からはフォアもバックもできてきた。次返ってくる球が予想でき出して、打ちやすかった。明日は断トツでレベルが上がる。長引くと思うが、自分がダブルスとシングルスで勝ってチームを盛り上げて勝ちにつなげたい」