【卓球】今季初セットカウントを奪われるも、2部全勝優勝近づく3勝目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第4日目対阪大◇5月5日◇いきいきランド交野◇
関大4―1阪大

S1杉山 3(11-7、11-3、11-5)0
S2原  2(9-11、5-11、11-5、11-9、9-11)3
S3坂根 3(11-6、11-6、11―4)0
D1坂根・持田 3(11-6、7-11、11-7、11―5)1
S4各務 3(11-6、11-8、11-4)0

前節の大経大戦でもストレート勝ちを収め、ここまで1セットも失うことなく開幕2連勝を挙げている関大。今日もストレート勝ちし、『2部全勝優勝』に向け、開幕3連勝を飾りたいところだ。

第1シングルスには杉山孝知(社1)が登場した。1ゲーム目序盤は、点の取り合いとなるが中盤からフォアハンドが決まりだすと相手のミスを誘う。徐々に調子を上げ、このゲームを奪取。続く2ゲーム目では、開始から4連続ポイントを奪うと自らのペースに持ち込む。中盤にも4連続得点し、2ゲームを連取した。3ゲーム目でも3連続得点を2度決めるなど、勢いは落ちることなく勝利を収める。


▲杉山

続く、第2シングルス原健一郎(人3)は、1ゲーム目開始から3ポイントを連取されるなど、一時3-8とされる。その後、5連続得点で追いつくもリードを奪うことができず、このゲームを落とす。第2ゲームも相手のペースで試合が進み、ゲームカウントを0―2とされてしまう。後がない状況で迎えた第3ゲーム。この日、初めて先制点を取るとそこから9連続得点。相手に3点を与えたものの、このゲームを獲得した。第4ゲームは開始早々壮絶な打ち合いとなるが、これを制す。そこから、4ポイントを連続で獲得すると、相手のミスも重なりゲームカウントを2-2の振り出しに戻す。勝負の行方は最終ゲームへともつれ込んだ。第5ゲームは両者がリードを奪い合い、序盤から一進一退の攻防を繰り広げる。スコアが6―6となったところで、相手に3連続得点を許すが、またも奪い返し9-9とする。しかし、ここから2連続得点され春リーグで初めてセットカウントを落としてしまう。


▲原

第3シングルスには、坂根翔大(経2)が臨んだ。「初めはいつも通りのプレーができなかった」と語ったように第1セット序盤にはリードを許す場面が見られた。しかし、ここで崩れないのがエース。5-5の同点から一気に5連続得点を奪うと、その後1点失うもこのゲームをものにする。2ゲーム目は開始から3連続得点を許すが、中盤から安定感を発揮。2度の4連続ポイントでこのゲームを取ると、次のゲームでも4連続得点を2回決め11-4でストレート勝ちを収めた。これでセットカウントは2-1となり、一歩リードする。


▲坂根

続くのは、第1シングルス持田憲大(経3)・坂根ペア。「連携はとれていた」と坂根が語ったように1ゲーム目は最大4ポイントの連続得点を奪うなどして簡単にものにした。しかし、2ゲーム目は逆に相手にペースを握られ一度もリードを奪うことができず7-11でゲームカウントを振り出しに戻される。続く第3ゲームからは、第4シングルス各務博志(人2)との2面同時進行となる。2ゲーム目を奪われた坂根・持田組だが、3ゲーム目から強烈なストロークが決まり始める。中盤に5連続ポイントを奪うとリードを保ったままこのゲームを奪う。第4ゲームでも調子を落とすことなく相手を圧倒。11-5でこのゲームを終えると、あと1勝となった。


▲坂根(左)・持田

一方、今春リーグ初出場となった各務。1ゲーム目序盤は一進一退の攻防となるが中盤に連続得点を決めると自らのペースに持ち込みこのゲームを獲得する。2ゲーム目は、点の取り合いとなるが、序盤に奪ったリードが効き2ゲームを連取。3ゲーム目では中盤で4連続得点を奪うなど、このゲームでも主導権を握りストレート勝ちを収める。セットカウント4-1で開幕3連勝となった。


▲各務

渡邊賢太主将(文4)は、1部昇格に負けられない残り2戦を前にして、「ここからが本当の勝負」と語気を強める。『2部全勝優勝』に向け、残り2戦でさらにギアを上げていく。【文:奥井健太/写真:奥井健太、三木勇人】

▼渡邊主将
「4―0、4-0できて、今日一本取られたのでどうかなと。原は負けたが、次に向けていい試合ができたと思う。ここからが本当の勝負なのでここから取り切っていきたい。相手は強いが、チャレンジャー精神で挑んでいきたい」

▼坂根
「環境が変わって、思ったより(ボールが)はずまなかった。合わせるのに時間がかかった。初めはいつも通りのプレーが出来なかった。(シングルス)1ゲーム目は探り探りで、2ゲーム目途中から安定してきた。3ゲーム目は、自分のペースで試合運びができた。(ダブルスは)相手の球がナックル系で、回転を利用できなかった。あわすのが難しかった。お互いの連携は取れていたと思う。1本落としてしまったが、1戦1戦集中して個人としてもチームの雰囲気も切り替えていきたい」