【サッカー】姫獨大に6発快勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第95回関西学生リーグ前期第6節対姫獨大◇5月14日◇ヤンマースタジアム長居◇

【前半】関大2-0姫獨大
【後半】関大4-0姫獨大
【試合終了】関大6-0姫獨大

ゴールデンウィーク3連戦を全勝で終えた関大。第3節・立命大戦から3連勝を収め、現在は阪南大、びわこ大、関学大に次ぐ4位に浮上している。今節の相手は今年から1部で戦う姫獨大。勝ち点3を奪うだけでなく、上位校との得失点差も縮めていきたい。

前半3分、DF羽田健人(情2)からのクロスを相手GKが取りこぼし、FW竹下玲王(社4)がこぼれ球を押し込む。開始早々に先制点を奪うと、直後にはDF鯉沼晃(商4)からのロングボールにMF森主麗司(文3)が追いつき、相手の足に横パスが当たる。CK(コーナーキック)を獲得するが、荒木隼人(商3)のヘディングは惜しくもゴール上へ。


▲FW竹下

前半11分には冷やりとするシュートを放たれたが、GK白澤慶志郎(経4)がファインセーブ。ボールを回す時間が続く中、2点目も羽田からのスルーパスをMF塩谷仁(人3)が落ちついて決めた。その後も竹下、加賀山を中心に裏に抜け追加点を狙ったが、得点にはつながらなかった。


▲MF塩谷


▲FW加賀山

後半も関大が完全にペースを握る。後半5分、DF黒川圭介(法2)が中盤からドリブルでペナルティエリア内までボールを持ち込むと、最後は中井英人(人3)のミドルシュートが決まり3点目。その10分後には、中井からのコーナーキックを森主が頭で合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

終盤に竹下と中井が2点を追加し、後半は自陣に相手を寄せ付けず13本のシュートを放った関大。姫獨大から6発快勝を収めた。

「大勝した後の試合は大事になってくるので、気を緩めず連勝を伸ばしたい」(竹下)。次の近大戦は関関サッカー定期戦前の試合となる。連勝を伸ばし、関関戦に向け勢いをつけたい【文:川﨑恵莉子/写真:野村沙永】

▼前田監督
「(裏を狙うプレーが多かったが)ここ何試合かは裏を狙われることもあったが、竹下と加賀山は裏を狙うのが得意。今日だけでなく毎試合できるようにしていきたい。前線の動きを見てプレーするのは関大が求めていること。今日はFWの動きを見ながらパスできていた。いつもチャンスを決めきれない場面が多いが、今日は大量得点につながってよかった。関大は順位に関係なく負けてしまうことがあるので、今後もしっかり集中してやっていきたいと思う」

▼竹下
「今日は6点取れた上に、無失点で終われたので良かった。裏は毎試合狙っていて、今日もずっと狙えと言われていた。ディフェンスラインの間が空いていて、良いボールも何度か来た。もう少し動き出しのタイミングやファーストタッチのことを考えたら、シュートまで持ち込める回数が増えたと思う。大勝した後の試合は大事になってくるので、気を緩めず連勝を伸ばしたい」