【ホッケー】6失点完敗。リーグ3位で順位決定戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ第3節対関学大◇5月13日◇関西学院大学三田グラウンド◇

【前半】関大0―5関学大
【後半】関大0―1関学大
【試合終了】関大0―6関学大

ここまでリーグ戦1勝2敗の関大。相手は好調の関学大だが、リーグ戦を白星で締め順位決定戦に向かいたいところだ。

相手のセンターパスで試合は始まると、主導権が握られる時間が続いた。パスを回され、自陣に攻め込まれるもGK・小谷蛍(政策4)や今枝菜津美(文4)を中心になんとか切り抜ける。試合が動いたのは、開始から10分頃。反則で相手にPCを与えてしまう。直接シュートは免れたが、こぼれたボールを押し込まれ先制点を許した。その後は何かが切れたように関学大に得点を決められた。右サイドからの2本や、PCからも失点。前半終了時点で5点のビハインドを背負った。

切り替えて得点をあげたい後半だったが、開始直後にPCからの失点を許した。だが、チャンスも訪れる。吉田波那(人1)が中盤から抜け出し、チャンスを演出。しかし、得点には至らない。その後は最終ラインで守る展開が続き、中盤・前線にボールがつながらない。そのまま無情にもブザーが鳴り、ゲームセット。無得点での大敗を喫した。

リーグ戦を4チーム中3位で終え、次は同志社大との順位決定戦が一週間後に控えている。課題を見つめなおし、万全を期して挑みたい。【文/写真:松浦 智】