【野球】2試合連続完封負けで関学大に先勝許す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第7節対関学大1回戦◇5月12日◇阪神甲子園球場◇

関 大 000 000 000=0
関学大 000 020 00X=2

(関大)阪本大、肥後、濵田駿―久米
(関学)山口―浅尾

今日もホームが遠かった。関学大先発の山口晃の前に散発4本と苦しんだ関大打線。序盤のチャンスを生かしきれなかったのが終盤に響いた。

初回、先頭の多田桐吾(人3)がレフト線への二塁打で出塁。ノーアウトで得点圏に走者を置く。続く阪本将太(法4)の犠打で1死三塁と先制のチャンスを迎えるが、3番・古川陸(商3)、4番・若泉洸仁(人4)が内野ゴロに打ち取られ、得点には至らない。

3回には、先頭打者の8番・阪本大樹(経4)が中前打を放つと、9番・中島大地(人4)が犠打を決め、1死二塁とチャンスメイク。だが、1番・多田、2番・阪本将にあと1本が出ず無得点。流れを引き込むことができない。

チャンスを生かしきれないでいると、5回裏に関学大に先制を許す。1死から阪本大が連打を浴び、一、三塁のピンチに。続く、8番・山口の遊ゴロの間に三塁走者の赤川太一が生還し、先取点を与えた。最少失点で切り抜け攻撃につなげたかったが、9番・吉岡優磨の放った三塁線への飛球がぽとりと落ち、追加点を奪われる。

2点のビハインドを背負い、反撃に転じたい関大打線だが、4回以降に放ったヒットは2本のみ。無得点のまま最終回の攻撃を迎えた。

9回は打順良く1番の多田から始まる。しかし、多田は初球を打ち上げ遊飛に倒れた。2死となり、3番・古川に代打・松島恒陽(人2)を送り勝負に出るが、2球目を引っ掛けると、遊ゴロに倒れゲームセット。わずか96球で完封負けを喫した。

「数少ないチャンスをものにしないといけない」と早瀬万豊監督。チャンスを作りながらも得点を奪えなかった1、3回の攻撃を悔やんだ。また、阪本大が先発した試合は3試合連続で無援護と、我慢のマウンドが続く。阪本大も「点が入ると気持ち的に余裕が出る」と本音を吐露した。関学大に先勝され、明日勝つしかなくなった関大は打線の奮起に期待がかかる。早瀬監督就任以来続くAクラス入りには、もう負けは許されない。【文:嶋健太朗/写真:大島涼太郎、永津星斗、松山奈央】

▼早瀬監督
「流れを相手に作らせてしまっている。2点以内に抑えるといううちの目標はできているので、3点以上取るというところで打線が奮起しないと。チャンスは何回もないので、数少ないチャンスをものにしていかないといけない。阪本大はそれなりのピッチングはしてくれた。エラーで余計に塁を進めてしまった。負けるゲームを何回も繰り返していたら意味がない。先制して流れを作って、ガンガン打つチームではないので、つないで競ったゲームをものにするしかない」

▼阪本大
「リーグ全体を通して調子がいいわけではないので、高さを意識して投げた。(点を取られた場面は)高さが中途半端になってしまった。2点目を取られずに1点で切りたかった。ここまで自分が投げた試合は3試合連続で無得点で、少しは助けられたい。もう少し楽に投げたい気持ちはある。点が入ると気持ち的に余裕が出てリズムも良くなると思う。(3戦目登板があれば)0にこだわって頑張りたい」