【卓球】最終戦勝利飾る。秋季リーグこそ1部昇格へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第6日目対京華大◇5月7日◇いきいきランド交野◇

関大4―3京華大

S1北岡 3(11-9、8-11、9-11、11-4、11-9)2
S2赤川 3(11-6、11-5、11-8)0
S3鈴木 1(9-11、11-9、6―11、12-14)3
D1南木・赤川 2(11-6、6-11、11-6、6-11、10-12)3
S4冨田 3(9-11、11-6、11-9、11-9)1
S5南木 3(9-11、11-9、5-11、7-11)1
S6朝野 3(11-5、11-7、11-9)0

前回、武庫川女大に勝利し2勝目を挙げた関大。春季リーグもついに最終戦を迎えた。1部昇格には届かなかったが、有終の美を飾り秋季リーグにつなげたいところだ。

第1シングルスは北岡さと子(文2)がフルゲームまでもつれ込む接戦を制し、第2シングルスの赤川真理亜(化生1)も相手を圧倒。この日も北岡と赤川が2勝を挙げた。

第3シングルスは鈴木理布(社2)。第1ゲームはショットが決まらず苦しむが、第2ゲーム以降はサーブから流れを作り得点を重ねる。ゲームカウント1-2で迎えた第4ゲーム。

序盤は1-6と離されるも、相手のレシーブミスが続きデュースに持ち込む。しかし、最後はレシーブがネットにかかり14-12で惜しくも敗れた。

第1ダブルスは好調の赤川と南木虹穂(法4)が挑んだ。赤川が粘り強くラリーをつなげ、南木が随所に強打を打ち返す。ゲームカウント2-1とリードを奪うが、第3ゲームを落としフルゲームに持ち込まれる。

一進一退の攻防となり、7-8となったところで関大がタイムアウトを要求。直後に2連続ポイントを奪い逆転に成功すると、サービスエースでマッチポイントを握る。しかし、その後ミスが重なり4連続ポイントを許して敗北となった。

第4シングルスの冨田彩菜(情1)が勝利し、第5シングルスの南木が敗れ3勝3敗となる。最後の第6シングルスは朝野郁香(社1)に任せられた。

序盤からバック側に攻められることが多かったが、粘り強く打ち返し相手のミスを誘う。終始落ち着いたプレーを見せ、ストレート勝ちを収め大接戦を関大が制した。

最終戦を勝利で終え、関大は通算3勝2敗。勝敗数では大樟蔭大と共に2位に入ったが、直接対決で大樟蔭大に敗れているため、2部3位となり入替戦には進めなかった。悔しい結果とはなったが、「今日の試合は春リーグの中で1番いい試合だった」と南木主将。1年生の赤川がリーグ全勝を挙げるなど新戦力も台頭し秋季リーグでの期待は高まる。1部昇格を目指し、今後も卓球部女子の挑戦は続く。【文:川﨑恵莉子/写真:川﨑恵莉子、三木勇人】

▼南木女子主将
「今日の試合は春リーグの中で1番いい試合だった。誰かが落としても、誰かが取るという目標にしていた形ができていて、全員で4本とれたので良かったと思う。赤川は1年生でプレッシャーも大きかったと思うが、全勝してよく頑張ってくれた。冨田と朝野もリーグ後半で1、2勝挙げてくれたので次につながる試合ができたと思う。後輩たちがすごく頑張ってくれたので、本当に感謝しかない。(自分のプレーを振り返って)最初に比べたら最後の方は冷静に考えながらプレーできた。負けてしまったが、良くなってきている。今回のリーグで1年生もどんな雰囲気なのか、2部がどのくらいのレベルなのか分かったと思う。残り3か月しかないが、秋リーグに向けてみんなでさらにレベルアップしていきたい」