【卓球】逆転負けを喫し、リーグ2敗目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第4日目対大樟蔭大◇5月5日◇いきいきランド交野◇

関大3―4大樟蔭大

S1赤川 3(11-2、9-11、11-0、11-6)1
S2北岡 3(11-4、11-5、11-7)0
S3朝野 1(11-13、7-11、11―8、6-11)3
D1南木・増田 0(3-11、7-11、8-11)3
S4冨田 2(11-7、8-11、11-9、2-11、11-13)3
S5南木 3(7ー11、13-11、12-10、11-6)1
S6増田 0(5-11、6-11、8-11)3

2日目を終え、1勝1敗の関大。今回は同じ1勝1敗の大樟蔭大と対戦する。直接対決を制し、1部との入替戦進出に望みをつなげたい。

第1シングルスは2日目に続き1年生の赤川真理亜(化生1)。この日も落ち着いたプレーを見せ、スマッシュ、バックハンドが共に際どいコースに決まる。相手のミスも重なり、終盤の第3、4ゲームはほとんどポイントを与えなかった。

第2シングルスの北岡さと子(文2)は、序盤から短いボールでラリーに持ち込む。たまらず相手が随所にスマッシュを打ち込むも、ネットにかかり相手のミスが続いた。ゲームカウント3-0と圧倒し、2連勝で幸先の良いスタートを切る。

しかし、第3シングルス以降は苦しんだ。リーグ戦初出場の朝野郁香(社1)が第3シングルスで敗れ、第1ダブルスでは南木虹穂(法4)・増田雅世(社4)ペアが敗北。一気に試合は振り出しに戻る。

勝てば勝利に王手がかかる第4シングルス。冨田彩菜(情1)はゲームカウント2-1とリードするが、第4ゲームは7連続ポイントを奪われ落とす。ファイナルゲームも相手の強烈なスマッシュに反応できず0-3と離される。その後は粘り強く打ち返しデュースに持ち込んだが、惜しくも敗れた。

勝利のためには2連勝が必要となり、第5シングルスの南木は勝利したが第6シングルスの増田が敗れ大樟蔭大に逆転負けを喫した。

通算1勝2敗となり、残りの2戦は絶対に負けられない。「気持ちの面は良くなってきている」(南木女子主将)。どの試合も接戦が続くが、1部昇格に向けて気持ちを強く持ち全員で勝利を掴みにいく【文:川﨑恵莉子/写真:三木勇人】

▼南木女子主将
「今日は鈴木の調子があまり良くなかったので、ダブルスで好調だった増田に変えた。相手の1、2番手に絶対取られて、ダブルスも含めこの3本を取られてしまうと厳しい。ダブルスで勝てていればもっと楽になると思うし、3本のうち1つは勝たないといけない。今日はみんな相手に立ち向かってプレーができていたので、一戦一戦気持ちの面は良くなってきていると思う。1年生の冨田は負けてしまったが、前よりも自信をもってプレーできていた。あとの2戦も勝ったり負けたりの相手なので、気を緩めず挑戦者という気持ちを常に持って、みんなで4本取りにいきたいと思う。」