【ソフトテニス】チームでつかんだ栄冠!秋春連覇達成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦2日目◇5月4日◇マリンテニスパーク・北村◇

【4戦目】関大2―1神蔭女大
薮内・岡田 4―1
田中    4―1
西岡・賀川 2―4
【5戦目】関大2―1天理大
薮内・岡田 4―0
田中    4―0
西岡・賀川 0―4

【総合成績】1部優勝(4勝1敗)

ソフトテニス部が悲願の秋春連覇をついに達成した!2位で迎えた2日目。ここまで全勝の神戸松蔭大に勝利し、最終戦の天理大にも連勝した。エースの田中は5戦全勝と大活躍。自身でも「120点」と振り返った。

この日の初戦は神蔭女大だった。唯一1日目全勝で終えている相手で、優勝のためには何としても土をつけなければならない。まずは薮内祥子(人2)・岡田菜帆(社4)組が試合に挑んだ。薮内がストロークでポイントを奪い、声を上げる。岡田もこれに応えポーチで次々に決めていく。終わってみれば4―1と圧勝。幸先の良いスタートを切った。シングルスにはエースの田中純(人3)。サーブを軸に隙を与えず、4ー1で完勝。西岡真理華(文3)と主将・賀川綾香(安全4)ペアは相手のストロークに苦しみ黒星だったが、なんとか優勝の望みをつないだ。

リーグ最終戦の相手は天理大。薮内・岡田ペアは息の合ったプレーで圧倒。ストレートで完勝した。田中も流れに乗り、ラリー戦を制し勝利。白星は決まったが、優勝のためにも勝ちを積み上げたい第3戦。西岡・賀川ペアがコートに入った。西岡がラリーでゲームを作るが、賀川にボールを集められた。多くのパッシングを受け、なかなかボレーが決まらない。スコアを離され0ー4で敗北。まさかのストレート負けに「課題ばかり」(賀川)と悔し涙を流した。

しかしその後、同じ勝利数だった関学大が敗れたこともあり優勝が決定。望んだ形ではなかったがついに秋春連覇を達成し、選手たちからは笑顔がこぼれた。「選手と応援が一体になってできた」と賀川。この勢いをそのままに西カレ、全日本インカレとさらなる活躍を誓う!【文/写真:松浦 智】

▼賀川主将
「選手と応援が一体になってできた。チームとしては70点。全勝で勝ちたかったが、3番目の自分が勝ちきることができなかった。そういう課題ばかり。調子は悪くなかったが、強い気持ちを持てなかった。この結果で、全日本の前に早稲田と対決できるのでそこで勝ちたい」

▼田中
「シングルス5戦全勝するつもりだったので、できてよかった。自分としては120点。応援が力になった。昨日の関学大戦の大森には1度も勝ったことがなかった。いつも先に攻められるので、今回は自分から仕掛けたら上手くいった。リードした時にまだ気持ちが緩むので、引き締めていきたい」