【ソフトテニス】田中チームをけん引!2位で2日目へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦1日目◇5月3日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大2―1千里金蘭大
薮内・岡田 3―4
田中    4―0
西岡・賀川 4―1
【2戦目】関大2―1立命大
薮内・中崎 4―1
田中    4―3
西岡・賀川 2―4
【3戦目】関大1―2関学大
薮内・中崎 0―4
田中    4―2
西岡・賀川 2―4

エースが大車輪の活躍を見せ、チームとしては1日目終了時点で2位。リーグ優勝へ好位置につけた。

まずは千里金蘭大との初戦。コートには薮内祥子(人2)・岡田菜帆(社4)組が入った。初戦を取り勢いに乗りたいが、相手のストロークの方が上手だった。後半巻き返したが、最後は力尽き3―4で落とす。不穏な雰囲気が漂う中、エース・田中純(人3)が払拭する。強烈なフォアハンドで相手を圧倒。声を出して勢いに乗り、1ゲームも奪われることなく快勝した。プレッシャーのかかる場面で登場したのは、西岡真理華(文3)と主将・賀川綾香(安全4)のペアだった。西岡のストロークで流れをつかみ、ポイントを重ねる。賀川もポーチで応え終始相手を圧倒した。4―1で勝利し、開幕白星を切った。

続く2節目の相手は立命大。先ほどとはペアを変え、薮内・中崎萌(文2)ペアで1戦目を挑んだ。今日初の試合ながら、中崎のボレーがさえわたりポイントを重ね4―1で勝利。
続く田中は、相手のコースをつくストロークに苦しんだ。一時は1―3まで持ち込まれる。だが、後半徐々に取り返していき4―3で辛勝。次の西岡・賀川組こそ黒星だったが、2連勝を決めた。

この日最後の相手は関学大だった。薮内・中崎組は相手の息のあったプレーに0―4で落とす。あとがない2戦目、田中の相手はまだ1度も勝利したことがない大森だった。大森のアンダーサーブを強烈なフォアでたたき、ポイントを立て続けに奪う。終始主導権を握り、4―2で快勝した。最後にコートに入ったのは西岡・賀川組。だが、主導権は相手側だった。撃ち込まれ賀川のポーチも決まらない。じりじりと離され2―4で敗北。リーグ初黒星となってしまった。

初日を終えて2位につけた関大。「目標は優勝」と賀川。明日の残り2戦に悲願の秋春連覇の夢は託された。【文/写真:松浦 智】

▼賀川主将
「関西個人選手権からさらにチーム全員で戦うという気持ちを意識して取り組んで来た。だがペアにもよるが、まだ大事なポイントを取りきれないところがある。シングルスの田中は絶対に勝てると信頼している。今日も1度も勝ったことがない大森に勝ってくれた。その次が自分で、気持ちを入れて行ったが勝てなかった。そこが反省点。目標は優勝すること。明日は6本全て勝ちたい」