【ソフトテニス】快勝でリーグ3連勝!明日は1部昇格を勝ち取る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦1日目◇5月3日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大5-0大商大
谷口・飯田 4-1
岩木・三宅 4-3
浅井        4-0
石田・島津 4-0
池田・奥村 4-1

【第2戦】関大4-1桃山大
谷口・飯田 4-2
岩木・三宅 1-4
浅井    4-0
石田・島津 4-2
池田・奥村 4-0

【第3戦】関大5-0履正社専門学校
谷口・飯田 4-0
岩木・三宅 4-1
浅井    4-0
石田・島津 4-2
池田・奥村 4-1

ここまで3季連続2部2位に甘んじ、1部昇格を果たせずにいるソフトテニス部。新戦力も入り、着実に力を付けた今年はなんとしてでも昇格したいとこだ。1日目の今日は大商大、桃山大、履正社専門学校の3校と相まみえた。

初戦の相手は昨年2部5位の大商大だ。まず先陣を切ったのは1年生ペアの谷口睦(商1)・飯田脩三(人1)組。先に1ゲームを先取し、すぐに奪い返されるも、そこから3ゲーム連取し勝利。1年生らしからぬ落ち着いたプレーでリーグ戦初白星を挙げた。続く2試合目の岩木和也(経3)・三宅智和(商4)組の試合は2-3と先にリードを許すも息の合ったプレーでファイナルに持ち込む。ファイナルでも序盤は追いかける展開が続くも持ちこたえ接戦を制する。3試合目は先日関西学生選手権シングルスにおいて準優勝を成し遂げた浅井怜佑(人4)が登場。緩急をうまく使い分け、相手を苦しめさせストレート勝ちを収め、関大にリーグ戦1勝目をもたらした。その後の石田康貴(経3)・島津勇佑(商4)組、池田侑生(商2)・奥村亮介(安全2)も危なげなく勝利をつかんだ。

桃山大戦でも1年生ペアの谷口・飯田組が躍動。谷口が相手後衛とラリーを続けると飯田が何度もポーチを仕掛けポイントを奪うなどのプレーをみせる。最後は谷口の強烈なクロスレシーブでけりを付けた。2試合目は敗れたものの、3試合目は浅井が格の差を見せつけ完勝。2勝1敗と王手をかけた4試合目には石田・島津組。先にゲームを先取されるも、石田のダイナミックなフォームから繰り出される鋭く、重いボールに相手も太刀打ち出来ず。これでリーグ2勝目が確定した。5試合目も勝利を奪い3戦目につなげた。

初日の最終戦は昨秋リーグで勝利はしたものの2本落とし、苦しめられた履正社専門学校が相手だ。しかし、今の関大の敵ではなかった。まず、この日全勝の谷口・飯田組がストレートでかわすと、2試合目も勝利。圧巻だったのは次に出場した浅井だ。応援からも「桁違い」との声が出たように前後衛どちらもハイレベルなプレーで相手を圧倒し、10分で試合を片付けた。リーグ3連勝を飾り、第4試合もものにすると、第5試合は池田・奥村組のペアワークが随所に目立ち、快勝。5試合とも相手に関大の強さを見せつけた試合となった。

リーグ戦3連勝にも「今日は勝つのが当然」と浅井主将は冷静に受け止める。今年は昨秋までと違いどの試合も関大が圧勝し余裕さえも感じられた。「1部昇格は通過点」と語る浅井。明日はチーム一丸となって昇格をつかみ取る。【文/写真:三木勇人】

▼浅井主将
「今日は勝つのが当然だった。チームの雰囲気は良かったので、明日も継続していきたい。(昨年と1番変わったところは)試合に出ている選手と出ない選手の温度差が昨年まであったけど今のチームは一つの方向に向いてやっているのでそこが一番違うところ。(明日キーになる選手は)だれか特定の一人はいないけどチーム全員で勝ちにいきたい。(明日への意気込み)1部昇格は以前から通過点と言っているので、応援と選手が10割の力を発揮して有言実行にしたい」