【卓球】開幕戦白星!4連勝で幸先良いスタート切る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第1日目対大経大◇4月29日◇近畿大学記念会館

関大4―0大経大

S1坂根 3(11-2、11-6、11-7)0
S2杉山 3(13-11、11-4、11-8)0
S3西郷 3(12-10、11-5、9―11、11-7)1
D1坂根・持田 3(11-8、11-9、11-8)0

『2部優勝』を目標に迎えたリーグ戦。1部の舞台に復帰するためにも開幕戦は絶対に落とせない。

勝利をつかみたい関大は第1シングルスに坂根翔大(経2)を起用した。「調子が良かった」という言葉通りに強烈なフォアハンドがさえ、7連続得点を奪うなど終始相手を圧倒。危なげなくストレート勝ちを収めた。


▲坂根

第2シングルスにはリーグ戦初出場の1年生・杉山孝知(社1)が登場した。1ゲーム目はデュースにもつれ込むが2ポイント連取し、13―11で1ゲーム目を獲得する。2、3ゲーム目は相手にリードされる場面も見られたが、要所で連続ポイントを重ね2連勝となった。


▲杉山

1ゲームも奪われることなく迎えた第3シングルスには西郷純平(安全3)が登場した。序盤から自らのペースに持ち込み4連続得点などで第1、2ゲーム目を連取。次のゲームを取り勝利と行きたいところだったが、ミスが目立ち始め第3ゲームを奪われてしまう。しかし、第4ゲームでは3連続ポイントを奪うなど立ち直りを見せ、3連勝した。


▲西郷

第1ダブルスには昨年から組んでいる、坂根・持田憲大(経3)ペアが登場した。相手に押される場面もみられたが「悪いところはなかった」と息の合ったプレーを見せ2ゲームを連取すると、第3ゲームでは坂根・持田の強烈なフォアハンドが決まり最後は4連続得点で試合を終えた。


▲坂根・持田

開幕戦4連勝という最高のスタートを切った関大。1部昇格を確かなものにするためにも今後も勝利をつかみとる。【文:奥井健太/写真:奥井健太・小川 空】

▼渡邊賢太主将
「2部優勝が目標。思い通りのスタートが切れたと思う。日頃から2部優勝を目標に練習に取り組んでいる。(今日の試合を振り返って)開幕戦で、下から追い上げてくるがむしろ2部優勝を目標にしているので2部優勝に向けてチャレンジャーという気持ちで試合に臨んだ。エース坂根を筆頭にイケイケなムードでいけた。(今後の試合に向けて)2部優勝という目標に向けて毎試合しっかり準備していく」

▼坂根
「(開幕戦だったが)緊張することはなかった。今まで緊張したことがない。調子が良くチームを盛り上げることができた。得意分野であるフォアが生かせて思い通りにいった。(ダブルスに関して)普段の練習から自分たちが思い通りにいかなかった時は話すことがあるが今日は思い通りのプレーができたと思う。リーグ戦までダブルス強化を重点に置いて練習してきた。昨年1部校と対戦して個人プレーが多く、それだと通用しないということがわかったので2部ではダブルス、シングルスともに落とさないようにしていきたい。自分が出場するシングルス、ダブルスは全勝で行きたい」

▼杉山
「(リーグ初出場だったが)あまり緊張しなかった。団体戦なので1本1本大切にする。ミスをしないように。バックのミスが少なく、フォアが良かった。安定していた。目立っていきたい」