【バドミントン】わずかに力及ばずリーグ最終戦黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017年度関西学生春季リーグ戦大会対京産大◇4月30日◇龍谷大学体育館◇

関大 2-3 京産大

S1 和久 2(21-23、21-11、21-5)1
S2 岡村 0(4-21、21-23)2
D1 中屋・山田 0(22-24、15-21)2
D2 中野・楮 2(24-22,21-18)0
S3 竹岡 1(21-17、14-21、11-21)2

[最終成績]1部6位 関大

マッチカウント2-2で迎え、勝敗は第3シングルスにゆだねられた。その大役を任された竹岡瑞季(人3)は、幸先よく第1ゲームを取る。しかし、残りの2ゲームで逆転負けを許し、チームの5戦全敗と最下位が決定。競った試合展開だっただけに、竹岡はあふれる涙をこらえきれなかった。

体調不良ながら、第1シングルスで出場した和久桃子(人4)女子主将。序盤は調子が上がり切らずにゲームを落としたが、尻上がりに本来の力を取り戻す。最終ゲームは10ポイント以上連取し圧倒。ベンチに戻ると、笑顔でハイタッチを交わした。

第2シングルスの岡村真夢(政策4)はいきなり8失点。相手に主導権を握られ、わずか4点しか取れずに第1ゲームを落とした。続く第2ゲームは、ライン際へのショットやスマッシュで一時は点差を広げる。しかし、レシーブミスなどで詰め寄られ、最終的にはデュースの末に敗れた。

中屋瑞希(人4)・山田千晴(商3)の第1ダブルスも、最初のゲームをデュースにまでもつれ込みながらも落とす。第2ゲームは長いラリー戦をものにしたり、連続ポイントを奪ったりと流れをつかみかけるが、わずかに及ばなかった。

一方、第2ダブルスの中野愛梨(人3)・楮(こうぞ)萌(人1)組は、序盤から息の合ったプレーを見せる。一進一退の攻防となったが、最後は中野のスマッシュでゲームカウント1-0に。続くゲームは、相手のサーブミスがゲームポイントとなり、試合を振り出しに戻した。

第3シングルスの竹岡は、得点ごとにガッツポーズを見せ、試合を盛り上げる。コート全体を広く使って相手を揺さぶり、第1ゲームを取った。しかし、そこからは徐々にミスが増え始めて逆転負け。京産大に善戦するも、マッチカウント2-3で敗北を喫した。

今春から上がった1部の舞台。一つも勝利を挙げることはできなかったが、「差は感じなかった」(岡村)。わずかな力の違いしかないことを、リーグ戦を通して感じることができた。秋には、今回の悔しさを晴らせるように。まずは、13日の入れ替え戦に勝利することだけを考える。【文:谷 風花/写真:高木満里絵】

▼中屋
「勝ち切れなかった。競った展開になったときに、もうちょっとできることができる。自分も含め全員だが、15点から点数が重ねられないのは課題。(入れ替え戦について)2部のチームは挑戦者としてやってくる。それに押されずに、負けることなくやりたい」

▼岡村
「実際に対戦してみて、1部との差があるとは感じなかった。でも、やっぱり勝ち切れない。入れ替え戦まで日が空くから、しっかり調子を上げていく。みんなで勝てるようにしたい」