【ホッケー】開幕2連続引き分け 次節こそリーグ戦初勝利を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ第2節対神大◇4月23日◇天理親里ホッケー場◇

【前半】関大0-1神大
【後半】関大1-0神大
【試合終了】関大1-1神大

土壇場での同点弾で引き分けには持ち込んだが、1部昇格に向けて手痛い1分けとなってしまった。

試合は前半、相手に主導権を握られた。パスをカットされ左サイドから度々ゴールを脅かされる。関大も林正晴(人4)を中心に右サイドから攻めるが、前線にボールが繋がらない。重い雰囲気が立ち込める中、前半終了間際に中央から相手に押し込まれ失点。0―1の相手リードで前半を折り返した。

主将・山下英之(政策4)を投入し、攻撃の流れを作りたい後半。1年生・森川を中心に右サイドから攻め立てる。徐々に主導権を握り立て続けにPCを獲得。だが得点には至らず、スコアが動かないまま時計の針が進んだ。あきらめず攻め続け、試合が動いたのは終了直前だった。相手反則によりPCを獲得。小西遼(人3)がストロークし、スティックを振りぬいたのは濱口達也(シス理2)だった。このシュートがゴールネットを揺らし土壇場で追いつき、ゲームセット。なんとか引き分けという形で試合を終えた。

敗北は避けたが山下は「勝つべき1戦だった」と反省。チームに漂う重い雰囲気を振り払い、次節こそ初勝利をつかみたい。【文:松浦智/写真:柴村直宏・野村沙永】

▼山下主将
「右サイドに森川がいたので、そこに繋げようと右サイドを意識した。だが、個々の技術が足らず攻め込むことができなかった。勝つべき一戦だった。自分がまだ完全には復帰できていないのでフォワードの戦力が薄い。そこが今の課題だ。」