【バドミントン】春季リーグ初戦黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017年度関西学生春季リーグ戦大会対関学大◇4月22日◇立命館大学OICアリーナ◇

関大 0-5 関学大

S1 和久 1(21-17、15-21、14-21)2
S2 楮 0(16-21、12-21)2
D1 中屋・山田 0(10-21、13-21)2
D2 和久・楮 1(21-17、18-21、15-21)2
S3 岡村 1(21-16、8-21、10-21)2

昨秋に悲願の1部昇格を果たした関大。初戦の相手は昨秋3位の関学大だ。強豪校がひしめく1部の舞台だが、粘りのプレーで勝利をもぎ取って欲しい。

第1シングルスには女子主将の和久桃子(人4)が登場。第1ゲームは緩急をつけたプレーで終始リードし、21-17でこのゲームをものにする。しかし、第2、3ゲームは共にインターバル後に点差を広げられ、惜しくも勝利とはならなかった。

第2シングルスは1年生ルーキの楮萌(人1)。第1ゲームを奪われるが、第2ゲームは際どいショットにも反応し粘りを見せる。しかし、甘く上がった所に鋭いスマッシュを打たれる場面が多くセットカウント0-2で敗北となった。

中屋瑞希(人4)・山田千晴(商3)ペアが挑んだ第1ダブルスは、序盤から苦戦を強いられる。第1セットを16-21落とすと、第2セットは山田のスマッシュで果敢に攻めるが相手に拾われ4-11と大差をつけられてしまう。終盤も強烈なスマッシュに反応できず敗北。この地点でマッチカウント0-3となり、関学大の勝利が決まった。

その後の第2ダブルス、岡村真夢(政策4)が挑んだ第3ダブルスも敗れ、関学大に5戦全敗となった。

「1部はやはり選手の層の厚みが違う」(小國監督)。1部と2部の差を突き付けられる結果となったが、1セットを奪うなど粘りのプレーも多く見せた関大。今後も強豪校との対戦が続くが1部での飛躍に期待したい。【文/写真:川﨑恵莉子】

▼小國監督
「女子は正直一つか二つ勝つのが精一杯だと思っていて、3、4位を目指している。1部はやはり選手の層の厚みが違う。0-5で負けたけど、そこまで差はなかったし、中身は良かった。監督が代わっても、選手たちはいい練習をしてくれている。自分としても、気持ちよく応援できたし、監督できたから、選手たちには感謝している。明日以降も、頑張りに期待したい」