【バレーボール】まさかの2連敗。上位リーグ進出へ黄色信号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第3節対神戸親和大◇4月22日◇大阪国際大学◇

[第1セット]関大23-25神戸親和大
[第2セット]関大18-25神戸親和大
[第3セット]関大25-20神戸親和大
[第4セット]関大22-25神戸親和大
[セットカウント]関大1-3神戸親和大

前節武庫女大にストレート負けし、2連敗だけは避けたい関大。主将の吉田萌乃が今リーグ初の選抜に抜擢され試合に臨んだ。

第1セットは、一進一退の攻防となる。服部愛果、石田成実のレフトからの攻撃を中心に山下亜弓のサービスエース、吉田のツーなども決まり、試合に勝つ気持ちが出た序盤となった。
17-17となり迎えた終盤、「自分たちは最初良くても終盤に弱い」(服部)と語ったように、相手にペースをつかまれ、セットを落とす。

奪い返したい第2セット。服部を中心に順調に得点を重ね、5点のリードで試合を優位に進める。しかし、相手の強烈なサーブなどにより8連続ポイントを奪われ、逆転されてしまう。そのまま関大は流れを取り戻せずこのセットも落としてしまう。

後がなくなった第3セット。関大が意地を見せる。坂実莉が得点を奪うと、関原のブロックも飛び出すなどリードを保ち試合を進める。守備でも川西花菜子がチームを助けるレシーブで攻撃につなげる。ピンチサーバーで効果的なサーブを打ち続けていた近藤初帆からもサービスエースが飛び出すなど、セットを奪い返すことに成功した。


しかし、続くセットは終盤までリードするも連続得点で逆転を許す。反撃の糸口を見つけられないまま、悔しい2連敗となった。

試合後、吉田が「終盤強くなりたい」と振り返ったように終盤の攻防で差がついた関大。上位リーグ進出へは残り2戦、勝利が絶対条件となるが最後まであきらめず、勝利を目指し戦う。【文:大島涼太郎・永津星斗/写真:松浦智】

▼下敷領監督
「毎セット、チャンスを取り切れなかった。そういった場面で1点が取れるかどうかで変わってくる。(関大は)一人一人の個人の技術はある。ただチームとして結束しきれていない部分がある。(接戦で落としてしまう場面が目立つが)接戦を意識した練習がまだまだできていないのでそういったシーンを想定した練習を重ねていきたい。」

▼吉田主将
「1週間、先週の2戦でできなかった課題に向けて練習をしてきた。サーブに関しては攻めることができたと思うが、リーグ前から出ていた課題でもあるが1セット目は攻められていなかった。1セット目から攻められるように。20点になってから取り切れない部分がある。そういった場面で自分たちの悪いところが出ているのでその癖としっかり向き合って、ここでどうなりやすいかというのを意識して終盤強くなりたい。(サーブで苦しめられたが)奥に強いサーブを打ってくる相手に食い込まれることが多い。キャッチの形を崩されるとしんどくなるので、1つ1つ基本に戻りたい。明日は勝たないと上位に行けなくなるが、気負いすぎず、いいバレーができるように、試合を楽しんで自分たちのバレーで勝ちたい」

▼服部
「悪いとは思わないが一気に取られる点数が大きすぎた。連続得点をいかに取られないようにするか、そこを改善したい。(接戦で勝てないのは)こっちの経験の無さが大きい。終盤に強いチームが強いチームで自分たちは最初良くても終盤に弱い
。相手はパターンを変えるが関大は同じことが多い、そこの違いだと思う。」

▼原
「1セット目特にライトが機能していなかったので、レフトに2枚付いて、自分がもっと機能すればブロックも自分を意識してレフトの枚数が減ったりすると思う。課題は攻撃。(スパイク、ブロックといいプレーも多かったが)気合いで出たプレー。頼りになる上回生がいるので、1回生らしくできることを考えたら声を出したり、雰囲気を作り出したりが大事だと思う。何もできなくてもそこだけは頑張ろうと思っている。いつも通りできることをしっかりやって勝ちたい」