【野球】首位攻防第1Rを落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第4節対近大1回戦◇4月22日◇南港中央野球場◇

関 大 001 020 000 001 =4
近 大 020 100 000 002x=5

(関)阪本大、山本―久米
(近)小寺、伊波、横山―川上、山本

ともに勝ち点2で迎えた首位攻防第1R。延長戦までもつれ込んだ試合は、12回表、久米主将に一発が飛び出し勝負ありと思われた。だが、近大の粘りを前にアウトあと一つが遠かった。

大事な一戦の先発を任されたのはエースの阪本大。しかし、「調子は最悪に近い状態だった」という言葉通り、序盤はコントロールに苦しむ。2回には、8番・中川に手痛い一撃を浴び2点を先制された。

早く追いつきたい関大打線は3回表。先頭の9番・阪本大が中越二塁打で出塁する。1死となって打席には2番・阪本将。うまく流した打球は風にも乗り、左翼手の頭を越えた。これが適時二塁打となり、反撃を開始する。

4回に1点を奪われ、再び2点のビハインドを追いかける5回表。簡単に2死とされるも、3番・古川、4番・若泉の連打で2死一、二塁とチャンスメイク。一打同点の場面で、今季初スタメンの5番・西田が左翼線への2点適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

その後は、「追いついてくれて落ち着けた」と阪本大が尻上がりに調子を上げる。5回から9回まで近大打線をヒット1本に抑えた。試合は3-3のまま延長戦へと突入した。

延長に入ってからは近大の猛攻を耐えしのぐ場面が続く。10回には、2死満塁のピンチを迎えるが、阪本大が持ち前のマウンド度胸で、ホームランを打たれている中川を三振に切って取った。

6回以降、近大投手陣の継投の前にノーヒットに抑えられていた関大は12回表。この回の攻撃は主将の8番・久米から。思い切り振り抜いた打球は高々と舞い上がり左翼スタンドに着弾。一時は打球を見失った主将だが、三塁審のホームランコールに気づくと、雄たけびを上げながら大きくガッツポーズを見せた。

久米の勝ち越し弾で一気に5連勝と行きたかったが、野球の神様は簡単には微笑んではくれない。延長に差し掛かり疲れが見え隠れする阪本大の球威に本来の力はなく、先頭の4番・竹村に二塁打を浴びる。だが、その後は攻めのピッチングを貫き何とか2死までこぎつけた。アウトあと一つ。ここで対峙するバッターは10回の守りから入っていた7番・山本。「勝ちを意識してしまった」と久米。甘く入ったコースをとらえられると、強烈な打球は三遊間へ。三塁手の阪本将が飛び込みグラブに当てたが、無情にもこぼれ落ち三塁走者が生還。同点に追いつかれてしまった。続く、中川に中前打を打たれたところで阪本大は力尽き降板。マウンドを山本に託した。しかし、大事な局面を任された快速右腕は制球が定まらない。代打・高岡にフルカウントから四球を与えると、2死満塁と絶体絶命のピンチを背負う。気持ちを入れ直し、13回に持ち込みたいところだったが、1番・小深田への初球が体をかすめデッドボール。まさかの押し出しサヨナラで終戦。山本は腰に手を当て悔しさをにじませた。

試合後、早瀬監督は「継投が1人遅かった」と判断ミスを悔やんだ。しかし、まだ勝ち点を失ったわけではない。目標はあくまで「勝ち点5でのリーグ優勝」だ。悪い流れを断ち切るためにも、切り替えて第2戦に全力を注ぐ。【文/写真:嶋健太朗】

▼早瀬監督
「阪本大で行けるところまで行きたかった。阪本大が投げ切ってくれればと思ったが、そこまで甘くはない。継投に関しては1人遅かったかなと。(打線について)横山投手に抑え込まれてしまった。流れを引き込み切れなかった。最後も攻めの気持ちでインコースを攻めたと思うが、結果としてこうなってしまった。勝ち点の勝負なので明日勝てればいい。切り替えて明日頑張ります」

▼久米主将
「最後はしっかり投げ切れなかった。キャッチャーの自分のツメの甘さでもあるし、ピッチャーのツメの甘さでもある。最後は勝ちを意識してしまった。阪本大は疲れも見えたが、かわしても仕方がない。攻めていこうと思った。球自体は良くなかったので、悪いなりに何とかと思ったが。ホームランも負けてしまったら意味がない。明日勝たないといけない。全員で勝ち点5を目指してやっていく」

▼阪本大
「立ち上がりが最悪に近い状態でストライクが入らなかった。取られても追いついてくれて5回くらいから落ち着けた。最後は球が抜けて抑えが利かなかった。調整は十分だったので最後まで行きたい気持ちだった。久米がホームランを打ってくれてヒーローにしてあげたいと思っていた。まだ勝ち点を落としたわけではない。月曜日に万全の態勢で投げられようにしたい」