【野球】開幕まであと3日 キーマンに直撃!多田桐吾編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

球春到来。リーグ戦2季連続優勝を目指す野球部のキーマンを直撃。第3回は俊足巧打を持ち味としている多田桐吾さんです。チームの核弾頭として打線に火を付けます。

――昨季を振り返っていかがですか。
多田 リーグ優勝することができたのはスタメンの個々の能力よりも周りの応援団はもちろんですが、データ班とかの協力があっての優勝だと自分は感じます。個人としては、1年生から出さしてもらっていて2年の春季リーグで打てなくてチームに迷惑をかけたという面で正直悔しい部分があり、何とか見返したいという気持ちがありました。そのため、2年の秋にかける思いは強かったです。その中で、ベストナインとれたのは良かったと思います。

――昨春は不調でしたが、秋には復調しベストナインを獲得されました。
多田 苦手なところを克服するということを普段の練習から意識しました。そして、精神的に打てなかったら落ち込むタイプなので打てなくても開き直ろうと思いました。秋リーグは9番スタートで、今まで1・2番打たせてもらっていたのでギリギリの立ち位置というかとりあえず使おうかという監督の気持ちだったと思います。近大戦でヒット3本を打てて、そこから1番に復帰できました。自分は前半に調子がよかったらそのまま行くタイプなので、そういう面で調子を維持できてよかったと思います。小田洋一コーチとマンツーマンで練習に取り組み、俊足を生かすために逆方向にゴロを打つことを心掛けました。そうすることで、相手の内野にもバッテリーにもプレッシャーがかかります。右足の出し方がインステップ寄りになっていたのを意識的に開くイメージにしました。そうすると、逆方向にも強い打球が打て、対応できるようになりました。

――主に一番打者として起用されていますが、切り込み隊長の意識はありますか。
多田 その意識はあります。塁に出ることはもちろんですがいきなり空振り、見逃し三振はよくないです。そうなるとチームの雰囲気が悪くなるので、追い込まれるまであてに行くようなバッティングは避けたいと感じています。追い込まれてからは逆方向を意識して、粘るということを意識しています。

――今年の目標を教えてください。
多田 2年の秋でベストナインを獲得したので、自分でもプレッシャーに感じています。自分が一番意識しているのは、あんまり言えないですが古川陸です。1年生の時から意識しています。打撃も守備もうまいですね。いい意味で負けたくないです。ポジションは被っていないのでライバルではないですが、自分がベストナインをとって、(古川も)敵対心を抱いていると思います。「負けたらんぞ」という気持ちがありますね。目標は、相手にも古川陸にも負けないことですね。

ベストナインを獲得し、関西を代表する選手へと成長した多田選手。今季はチームの大黒柱としてさらなる高みを目指します。そして、全国制覇に向け、自慢の足でグラウンドを駆け抜けます。【インタビュー、構成:奥井健太】

◇多田桐吾(ただ・とうご)
1996年(平8)6月26日生まれ、明徳義塾高出身。171㌢、62㌔。趣味はバスケットボール。