【野球】開幕まであと4日 キーマンに直撃!阪本大樹編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

球春到来。リーグ戦2季連続優勝を目指す野球部のキーマンを直撃。第2回は、関大のエースナンバー『11』を背負う副将・阪本大樹さんです。度胸満点の右腕は闘志を燃やしマウンドに登ります。

――昨季を振り返っていかがですか。
阪本大 昨年は神宮大会に出られると思ってなかったので、出場できて嬉しかったです。自分だけじゃなくてチーム全体としてよかったですね。全国優勝した明大にいい投球ができて、自信になりました。秋に肩をけがしてしまって、秋季リーグでは先発ができませんでした。やっぱり、先発として登板したかったです。中継ぎという立場で、出さしてもらったのは、迷惑が掛かったと思います。リーグ戦はみんなに助けられましたね。

――神宮大会での自身の好投がユニバーシアード日本代表候補選出につながりました。
阪本大 一度行ってみたいと思っていました。自分が呼んでもらえるとは思っていませんでした。厳しいとは思いますが、(最終代表に)選ばれると色んな人が見てくれると思うので、アピールしたいです。これからの野球人生につながると思うので何とか残れるように頑張りたいと思っています。

――11月のユニバーシアード日本代表合宿を振り返ってどうでしたか。
阪本大 同じ関西の選手は特に意識はしていません。タイプは違いますが、自分がどういうピッチングができるかということを意識しています。総合力が高いピッチャーが多く、ハイレベルですが、飛びぬけてすごい選手はいないと思いました。自分は、体も小さいですし、力では勝負できないと思います。人とは違うところでアピールしていけたらと思います。

――久米健夫主将に対する印象はいかがですか。
阪本大 気持ちは人一倍入っていて、みんなを引っ張っています。バッテリーを組んでいるときは、どちらもマイナスにならないという気持ちで、ということを心掛けています。ピンチの時はより一層攻めていく気持ちで、自分自身もマウンド上では熱い気持ちでいます。

――今年の目標を教えてください。
阪本大 個人というよりもチームが勝つことが大事です。粘って、無失点にこだわっていきたいです。個人的には試合の流れとか見て、頭を使いながら勝てる投手になりたいです。勝ちきれる投手になりたいですね。負けたくないし、神宮大会に出て全国で勝っていきたいです。リーグ優勝は通過点で、全国でとりあえず勝ちたいです。

自身の投球に対して高い目標を掲げた阪本大樹副将。〝勝ちきれる投手〟を信念に、マウンドに君臨するエース右腕。全国、そして、世界で躍動する日はもうすぐです。【インタビュー、構成:奥井健太】

◇阪本大樹(さかもと・だいき)
1995年(平7)4月14日生まれ、履正社高出身。168㌢、77㌔。座右の銘は「気合いと根性」。