【野球】開幕まであと5日 キーマンに直撃!阪本将太編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

球春到来。リーグ戦2季連続優勝を目指す野球部のキーマンを直撃。第1回は、堅守と巧打が持ち味の副将・阪本将太さんです。誰よりもチームのために、今年の関大野手陣を引っ張ります。

――今年のチームの仕上がりはどうですか。
阪本将 雰囲気はよく、久米が締めるところは締めてやってくれています。自分は学年関係なく、会話するように心がけています。

――昨季は出場機会を得られない時期もありましたが、振り返っていかがですか。
阪本将 前までは試合に出ることしか考えていませんでした。けど、3年生になって、お世話になった4年生のためにもチームが勝てばいいと思えるようになりました。学年が上がって責任感が芽生えたのかなと思います。

――明治神宮大会では先発するもチームは敗れました。
阪本将 自分が打てなかったことよりも負けたことが悔しかったです。今年は全国で勝てるようにしたいです。

――ご自身の打撃理論について教えてください。
阪本将 体が大きい方ではないので、力まないようにはと考えています。下半身との連動で打てるように筋力をカバーできるようにしています。木のバットを使い始めて、いろんな人のアドバイスを受け入れて、成長してきました。打席では塁に出ること、出塁率にこだわっています。

――今年の目標と意気込みを聞かせてください。
阪本将 立命大戦が大きな一戦になると思います。投手陣に心配はないので、どれだけ点を取れるか。3、4点は取れるようにしたい。チャンスはあると思うので、粘り勝ちできるようにしたいです。まずは春のリーグ戦を勝って、春の神宮で日本一になりたいです。そして、春の結果を受け止めて全員で上がっていけたらと思います。チームで常にカバーして強いチームを目指します。試合に出たら、ベストナインを狙います。

勝利に対する強いこだわりを感じさせた阪本将太副将。関大の日本一奪還へ。内なる闘志を胸に秘め、チーム力向上に尽力します。【インタビュー、構成:嶋健太朗】

◇阪本将太(さかもと・しょうた)
1996年(平8)2月21日生まれ、智辯和歌山高出身。174㌢、70㌔。意識する選手は、高校の同期である大倉卓也(関学大)。