【アーチェリー】主将・猪股が試合新!関関戦勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第38回総合関関戦◇6月13日◇関西学院大学レンジ◇

【試合終了】関大2921-2791関学大

今年は敵地・関学大レンジで開催される総合関関戦。直前の試合では男子が関学大を圧倒し、女子もその勢いに続きたいところだ。女子も男子同様に今日が新体制初めての試合となる。暑い日差しが照り付け中、試合の幕が開けた。

新体制のメンバーは今日の試合が初出場という選手が多く、緊張からか選手の表情から笑顔が消える。しかし、控えメンバーやこの日駆け付けた4年生が選手をサポート。落ち着きを取り戻した選手たちは徐々に本来の姿を取り戻す。50M前半で軒並みスコアが伸びない選手が後半に巻き返した。また、1年生ながら試合経験が豊富な藤池が終始安定したスコアでチームをけん引。50M終了時点で30点差をつけて、後半の30Mを迎える。

_MG_7961w

関学大は距離が短くなった30Mでも苦しむ中、関大の選手はプレーで見せる。全員が50点台を連発し、リードを広げた。特に、主将・猪股はこの日のスコアが自身の試合新記録の活躍。プレーではもちろん、試合中も選手と積極的に会話を重ね、チームの支えとなった。

_MG_7950w

前半は苦しんだものの、終わってみれば2921-2791のスコアで完勝。見事に関関戦勝利をつかんだ。

試合後、「練習を重ねて上を目指していきたい」と猪股は意気込んだ。試合経験の浅さを持ち前のチーム力で乗り切った関大。この勝利を自信に変え、さらなる頂への挑戦が始まる。【高橋良輔】

▼猪股主将
「これまでのチームは4年生が中心で新チームは能力も経験も及ばない。まだまだスタートしたばかりだが、目標は王座で優勝なので、4回生に追いつけるように、そして、その上をいけるように練習してきた。初めて試合に出る選手も多く緊張していたと思うけどしっかり1人1人プレーできていたと思う。自分自身も今日はスコアが試合新だった。良かったけど、まだまだ課題はたくさんある。主将としてもこれからしっかりとチームを引っ張っていきたい。リーグ戦優勝と王座制覇に向けて、練習していきたい」