【サッカー】幹部インタビュー【第3回】副将・永保尭選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨年は関西選手権優勝、インカレベスト8と一昨年より飛躍を遂げたサッカー部。TOPチームだけでなくULTRASやFCも全国大会に出場し、全カテゴリーが活躍を見せました。しかし、目標の日本一には届かず。今年も「全員サッカーで日本一」を掲げ、再び全国の頂点を目指します。

カンスポは2月に行われた高槻合宿で新幹部8人と女子主将の河﨑美穂選手にインタビューを行い、今年の意気込みなどを伺いました。【第3回】は副将の永保尭選手です。

――昨年を振り返っていかがですか。
永保 去年は怪我であまり試合に出ていませんが、ピッチ外から見ていてチームにとても一体感がすごくありました。TOPチームに引っ張られて、他のカテゴリーも頑張っていたと思います。自分が所属していたULTRASは雰囲気も良く上手い人が多かったので、一緒にプレーできて楽しかったです。

――副将になったきっかけは。
永保 色々な試合で勝ち上がっていく様子を去年見ていて、今年日本一を取った時にその中心に立っていたいと思ったことがきっかけです。自分たちがチームを引っ張り、絶対に日本一を取りたいと思っています。

――新チームが発足してから、チームの雰囲気はどうですか。
永保 上手くいかないことも多いです。サッカーの質など難しい部分はありますが、みんな上に向かっていこうという気持ちは強いです。チームの雰囲気はすごくいいと思います。

――「全員サッカーで日本一」に向けて、課題はありますか。
永保 去年は細かい質や攻撃面での崩すところが足りなかったと思うので、その点で全国のチームと差を詰めていきたいです。全員サッカーという目標を考えると、雰囲気作りは必要だと思います。楽しくて、もっと関大を好きになってもらえるような雰囲気を作っていきたいです。

――個人の目標は。
永保 毎年怪我をしてしまうので、怪我をしないのが一番の目標です。まずは試合に出て、結果も残したいと思います。

――最後に今年の意気込みをお願いします。
永保 (竹下)玲王中心となって、「全員サッカーで日本一」を絶対叶えたいです。目標に向かって全てを出し切り、良いチームを作れるように頑張っていきたいです。

【第4回】は副将の田上怜選手です!【文:川﨑恵莉子/写真:西井奈帆】