【サッカー】幹部インタビュー【第8回】幹部・塩見仁選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨年は関西選手権優勝、インカレベスト8と一昨年より飛躍を遂げたサッカー部。TOPチームだけでなくULTRASやFCも全国大会に出場し、全カテゴリーが活躍を見せました。しかし、目標の日本一には届かず。今年も「全員サッカーで日本一」を掲げ、再び全国の頂点を目指します。

カンスポは2月に行われた高槻合宿で新幹部8人と女子主将の河﨑美穂選手にインタビューを行い、今年の意気込みなどを伺いました。【第8回】は幹部の塩見仁選手です。

――昨季を振り返っていかがですか。
塩見 どのカテゴリーも4年生が引っ張ってくれて、TOPはインカレ、FCは全社、ULTRASも全国大会、REDGROWとSOLEOもIリーグで決勝トーナメントに進出することができました。全カテゴリー良いところまで行ったと思いますが、何も掴めずに終わってしまったので、まだまだ改善すべきところが多いと思います。

――「全員サッカーで日本一」に向けて、今のサッカー部に必要なものは。
塩見 幹部で話して課題に挙がったのは、4回生と今年入部してくる1年生がどれだけ関われるか。去年はお互いに知らない先輩や後輩がいたので、縦の関係が「全員サッカーで日本一」には必要だと思います。2、3年生はチームへの関わり方が一番難しいですが、集団の中から頭一つ抜け出して、どれだけチームに関わってくるかを求めています。

――幹部として、自分の立ち位置は。
塩見 主将は竹下、副将は田上、鯉沼、永保といますが、自分が1番に引っ張っていくぐらいの気持ちでやっていきたいです。プレー面でも私生活でも、自分が幹部としてできることを頑張りたいと思います。

――個人の目標はありますか。
塩見 しっかりTOPチームで結果を出して、次のステージや自分の夢に少しでも近づくために日々努力していきたいです。誰にも負けないように、日本一に貢献できるように頑張りたいと思います。

【第9回】は女子主将の河﨑美穂選手です!【文:水野真、川﨑恵莉子/写真:西井奈帆】

◆試合告知◆

[TOP]天皇杯大阪府予選・大学代表決定戦/3月18(土)/対大市大 /@関大中央グラウンド/11:00ko

[FC]天皇杯大阪府予選/3月26(日) /対FCTIAMO枚方 /@J-GREEN(S2)/11:00ko

[TOP]2017関西学生リーグ 4月16日(日)/対京産大/@キンチョウスタジアム/11:30ko

[FC]2017関西リーグ 4月16日(日)/対レジェンド滋賀FC/@五色台メイン/14:00ko