【コラム】集大成~全員で楽しんで勝つハンドボール~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ハンドボール部女子がいよいよ明日19日(土)、最後の大舞台、インカレ初戦を迎える。昨年の11月から新体制をスタートさせ、春には関西2強の大教大を破って創部初のリーグ準Vを達成。夏の西カレ、秋リーグと試合を重ね、苦しい時間も古賀主将を中心に全員で乗り越えてきた。今年掲げた『全員で楽しんで勝つハンドボール』を追い続け、残すは最後のインカレのみ。例年以上に勝ちにこだわる4年生、そしてチーム古賀の最終章が間もなく幕を開ける。開幕を目前に控え、カンスポではチームをけん引する古賀美穂選手と川﨑彩花選手を直撃。今年1年間、そして学生最後の大会にかける思いに迫った。

■インカレは一発勝負なので立ち上がりから関大らしさを出したい
――まず初めに、今年1年間を振り返ってみてください。

古賀美穂選手(以下古賀)
長かったけどあっという間でしたね。納得いく試合もあれば、力を出し切れずに反省が残る試合、やりきれないもったいない試合もありました。良かったゲームではプレーはもちろん、やっぱりチームの雰囲気も良かったです。悔いが残る試合はチームの雰囲気も良くないし、積極性にも欠けていました。インカレは一発勝負なので立ち上がりから関大らしさを出して、1つ1つ全力でやり抜くことが大事だと思っています。

川﨑彩花選手(以下川﨑)
3回生までは勝つために自分の力を出せばいいと思っていました。でも、4回生になって運営や後輩のサポートに回る機会が増えましたね。それでチームとしても勝たないといけなかったので、やっぱりそこが一番大変でした。でも、春には大教大にいいゲームをして勝つことができましたし、自分たちで勝てた試合もたくさんあったと思います。とにかく楽しかった印象が強いですね(笑)。

――色紙にそれぞれの目標を書いていただきましたが、その理由を教えてください。

s_5221213137075
▲色紙を掲げる古賀(右)と川﨑

古賀
この「導」は、新チーム始まった時に掲げた目標です。部員一人ひとり画用紙に目標を決めて部室に飾っています。自分はプレーでもそうだし、主将をやらせてもらっている。インカレで最後になるのでいろいろな面でいい方向に、勝つためにチームを導きたいです。最初に掲げた目標を最後までやりとげたい、やっていきたいという思いが強いですね。

川﨑
自分もこの「輝」は新チームが始まった時に書いた目標です。今回のインカレで最後ですし、チームとしてもいつもベスト8で終わっている。その壁を壊したいですし、チームで輝いて終わりたいです。そしてやっぱり自分も最後は輝いて、関大にこんなやつがいたんだぞという形を残したいです(笑)。

――二人とも関大のレギュラーとして2年生から中心選手。お互いどのような存在だと思っていますか?

古賀
プレーで盛り上げれるのは(川﨑)彩花だと思っています。昔から苦しいゲームのラストを決めている印象が強いですね。お互いに顔見知りで中学生のころから知っていますけど、仲良くはなかったです(笑)。でも今では次のプレーが予測できますし、ずっと隣でやってきただけのことはあると思っています。

川﨑
いつもゲームを作ってくれる存在ですね。本当は大学ではハンドボールをしないつもりだったんですけど、古賀がずっと1年生の5月ぐらいまで連絡をくれて、練習にいったらやっぱりやりたくなりました(笑)。感謝しているし、今では雰囲気で分かるぐらいお互いのプレーを理解していると思います。

■選手主体でのびのびとできる環境がたくさんある
――関大のハンドボール部のいいところを教えてください。

古賀
その時々のチームカラーはありますけど、ハンドボールを楽しんでやることは関大のいい伝統だと思います。応援してもらえている実感もありますし、「関大はいいチームやね」と言われることも多いです。なにより自分も関大で良かったと思っています。楽しんでなおかつ勝てるというのが関大のいいところです。いい意味での緩さ、選手主体でメリハリをつけて個々の意識、自主性を高め合いながらできるチームです。

川﨑
選手主体でチームを作って、そこに監督も助けてくれて、サポートしてくれて関大ハンドが成り立っています。本当に今では自分にあっていたんだなと思っています。のびのびとできるの環境がたくさんあって、自分も4年間楽しんでハンドボールができました。

img_5473w
▲関大ハンドの主役は「全員」。勝利には一人も欠かせない

――最後の大会、インカレが目前に迫っていますが今の気持ちはいかがですか?

古賀
正直最後の実感はないですね。一発勝負で負けたら終わりと思って練習から緊張感をもってやっていますけど、そこまでがちがちになっていないと思います。でも、去年だったらもう4回生は引退しているので、本当に最後なんだなと思っています。ここまでチームとしていい雰囲気で、できています。あとはプレーの面、細かいところは最後まで気を引き締めてやりたいですね。でも、プレーの幅は秋より広がったと思いますし、今までの関大とは違った姿をインカレでは見せれると思っています。

3w
▲主将としてチームをけん引する古賀

川﨑
私も正直あまり実感はないですけど、振り返ってみればあっという間でしたね。自分は本当に緊張するので、今は大丈夫ですけど、ブザーが鳴ったら緊張していると思います(笑)。でも、本当にこれで終わるのかなと思いの方が強いですね。とにかく一発目のシュートを決めたいと思っています。

■愛梨が乗れば、自分たち二人も生きると思う

――インカレでキーマンになる選手はいますか?

古賀
期待しているし、頑張ってほしいという気持ちをこめて片山愛梨ですね。シュートが入ったらあの子自身も勢いに乗れると思いますし、チームとしてプレーの幅も広がると思っています。コートに立っている唯一の3回生でもあるので、来年につなげてもらいたいし、自信を持ってやってほしいです。(片山)愛梨が乗れば、自分たち二人も生きると思います。愛梨自身もコートに立って3年目。1回生から出ている自覚をもって、エースポジション、思い切ってプレーしてほしいです。

川﨑
私もそうですね。愛梨が積極的にガンガンシュートを決めたときは、表に出さないタイプですけど、やっぱりうれしそうです。そうなればディフェンスでも乗ってくると思うので、そのエンジンを自分でいかに早くかけることができるかだと思います。難しいけど、そこは期待しています。去年までのびのびしていたので、自信を持って楽しんでほしいですね。

10w
▲古賀、川﨑がともにキーマンに挙げた片山愛

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします。

古賀
キャプテンとしても、コートに立つ代表としても、導けるように、引っ張っていけるようにしたいです。センターのポジションをやらしてもらっているので、ゲームメーカーとして判断し、周りを生かして、チャンスがあれば隙をついて自分も狙っていきたいと思っています。生かしながら自分もいきて、一つ一つ1試合1試合しっかりとやっていきたいです。チームとして掲げてきた目標はベスト4です。全員で楽しんで勝つハンドボールを展開したいですし、このチームで最後、集大成をコートで見せて頑張りたいですね。

s_5221212683159
▲インカレへの意気込みを語った古賀主将

川﨑
自分らしく、関大ハンドボールらしくやりたいです。とにかく勝ちたいので、ベスト4以上、ベスト8の壁は超えたいですけど、初戦から一戦一戦、観客席も含めて関大色に染めたいと思っています。自分の役割は1対1を積極的に仕掛けて周りを盛り上げていくことです。最初から気持ちで相手を倒せるぐらいの意気込みでやっていきたいです。

img_5209w
▲積極果敢なプレーが光る川﨑

ここ2年連続、ベスト8の壁に阻まれている関大。「楽しんで勝つハンドボール」で今年こそインカレベスト4、そして学生チャンピオンへ昇りつめます。今年の女ハンはきっとやってくれる。徳島の地でも最高の笑顔でコートを支配、チーム古賀の集大成に注目です。【構成/写真:高橋良輔】