コラム

1 ~ 10件 / 116 件

定期演奏会 大成功収める

◇第57回定期演奏会◇12月9日◇ザ・シンフォニーホール◇ 関西大学応援団吹奏楽部が、1年の集大成となる定期演奏会を開催。「何事にも挑戦する」をモットーに駆け抜けた4年生にとって最後のステージ。涙ながらの演奏を披露した。 …

もっと見る

定期演奏会前企画!吹奏楽部を紹介

12月9日(日)に行われる第57回定期演奏会に先立ち、応援団吹奏楽部についてご紹介します! --------------------- 1)吹奏楽部とは 関西大学応援団吹奏楽部は現在、1年生25人、2年生27人、3年生1 …

もっと見る

スポーツが輝かせる

身長が高い。そう言えば響きがいいし、かっこよく聞こえる。でも実際耳にするのはでかいとか、大きいとかそういう言葉だ。私は小さい頃からでかかった。背の順ではいつも1番後ろ。周りは私より背の低い男子たちだ。後ろの席の子が黒板が …

もっと見る

「挑戦」と「やりがい」

「挑戦」と「やりがい」。カンスポに入部した理由はそれが全てだったのかもしれない。6年間陸上競技を続け、中高で主将を務めていた。「自分はこの世界でどこまでいけるのか」、「チームとして強くなるにはどうすればいいのか」。陸上競 …

もっと見る

一瞬を切り取る

「なんとなく」これが私がカンスポに入った理由だ。高校を卒業し、6年間続けたバスケットボールをきっぱりやめた。競技への未練がなかったと言えばそれは嘘になる。ただ、受験勉強などであいたブランクを埋められるほどの自信とモチベー …

もっと見る

勝ちを届けるために

この夏、SPORTSBULL(スポーツブル)を運営する株式会社運動通信社が1本の動画を公開した。応援されることで選手の運動量が約20%アップするということを検証した動画だ。この動画を見て、多くの人にKAISERSを応援し …

もっと見る

スポーツの「瞬間」を伝えること

6か月。私がカンスポに入ってから経過した時間だ。私にとってこの6か月はあっという間だった。最初に行った取材は野球の春リーグの近大戦。その試合で古川陸選手(商4)がホームランを打った「瞬間」を現在でも鮮明に覚えている。 こ …

もっと見る

スケートを続けてきたから

6歳の時から12年間、私はフィギュアスケートをやっていた。高校生の頃、挫折してスケートから離れようかと悩んでいた時に、コーチが掛けてくださった「続けることができるのも才能よ」という言葉。これがきっかけで私は大きな決断をし …

もっと見る

ボトムアップ 究極の選手主導

「ボトムアップ」という言葉を知っているだろうか。「ボトムアップ」とは、下部から上層部への発議で意思決定が行われる管理方式のことを指す。この理論を提唱したのが、現在、広島県立安芸南高でサッカー部の監督を務める畑喜美夫氏だ。 …

もっと見る