コラム

1 ~ 10件 / 71 件

竹下玲王、関大サッカー部を背負う男

■竹下玲王(社4)のJ3・AC長野パルセイロ来季加入内定が発表されました。今年はエースとして、主将として関大サッカー部を背負う男のサッカー人生を追いました。 ■ジュビロ磐田ユース時代 鈴木秀人監督から学んだこと 小中高ジ …

もっと見る

「釈迦力」に夢を見て

まさにドラマの連続だった。秋の2部残留、春での1部昇格、奇跡の全日本インカレ出場。昨年5月に主将に就任した安平泉(人4)体制もはや1年と5カ月を数える。ソフトボール部女子。彼女らが「釈迦力」をスローガンに戦い続けてきた日 …

もっと見る

『「する」から「伝える」へ』

 「今までとは違った形でスポーツに関わりたい」。これは私が関大スポーツ編集局への入部を決めた理由の一つである。  私は昔からスポーツに囲まれた日々を送ってきた。  幼い頃からとにかくスポーツを「する」ことが大好きだった。 …

もっと見る

感動を伝えるために

カンスポの取材で初めて見た試合は、4月16日の野球で山本隆広投手(人3)がサヨナラホームランを放ち逆転勝利をつかんだ試合だった。体験取材として行ったこの試合。その劇的瞬間に偶然にもカメラを持たせてもらっていた私は、夢中で …

もっと見る

プレイヤーでないからこそ

勉強に比べ、スポーツは“結果主義”という考えが圧倒的だと感じることが多い。 「結果があってこその過程であり、結果の出ない努力は努力と呼べない」。 プレイヤーとして活動してきたこれまでの10数年間、その考えは私のなかにも存 …

もっと見る

夢を叶えるために

私が将来の夢について考え始めたのは、3年前からだ。 2014年の10月2日。応援している福岡ソフトバンクホークスがサヨナラ勝ちでリーグ優勝を決めた時、私はテレビの前で泣いていた。ヤフオクドームに響く歓声。笑顔で喜びを分か …

もっと見る

私がスポーツを好きな理由

現在、この世界には200以上の国と地域がある。また、それぞれの国には文化、宗教、民族など固有の特徴がある。その文化に触れようとした時、言葉の壁という大きな障害が立ちはだかってしまう。しかし、言葉がなくてもこの世界中の人と …

もっと見る

本気で取り組む姿

「ここに入部したい!」私はそう思って、高校1年生の春に、女子サッカー部に入った。サッカーは未経験。何かを真剣に取り組みたいという気持ちが私を動かした。直感で入部を決めたものの、正直サッカーが嫌になるほど練習が辛かった。し …

もっと見る

開幕直前!主将インタビュー~まずはインカレ出場権獲得へ!挑戦始まる~

昨年、全日本選手権大会(インカレ)で早大に勝利するという大金星を飾ったハンドボール部。しかし、目標であった「全国制覇」には手が届かず、ベスト8敗退に終わった。あれから4カ月が経ち、今日から新体制初の公式戦、春季リーグ戦が …

もっと見る

開幕直前!主将インタビュー ~「全員で楽しんで勝つハンドボール」始まる~

「全員で楽しんで勝つハンドボール」。昨年の全日本学生選手権では、目標であったベスト4には届かなかったものの、1年間チームの形を体現した。4年生が引退し、発足した片山愛梨が主将を務める新チーム。いよいよ明日、新体制初のリー …

もっと見る