関大スポーツ編集局

1 ~ 10件 / 38 件

KAISERSと出会えて

「自分のせいで勝てないんじゃないか」。今年は特にそんな気持ちになることが多かった。3年生になり、カンスポ最後の年。今まで以上に張り切って担当班の取材に挑んだ。でも、思い描いていた春とは違い、悔しいインタビューの日々。足取 …

もっと見る

最後に届けたい感謝の話

マニュアルのないカンスポにとって、自分らしさをどう発揮するかというのはいつだって難しい問題だった。コミュニケーション能力も、企画力も、行動力も、熱意も、どれをとっても中の中くらいの自分は周りに比べて何だか引けて見える。影 …

もっと見る

陸上競技に魅せられて

カンスポに入部してあっという間に2年7カ月が経った。2年生で担当競技を持ち、これまで数多く試合会場に足を運んできた。カレッジスポーツの代表格であるアメリカンフットボール。今年、ルーキーが目覚ましい活躍を見せた射撃。全日本 …

もっと見る

振り返り

「体育会と言っても所詮は赤の他人なのに…」入部してしばらくこんなことを考えていた自分はカンスポに馴染めなかった。ずっと周りとのギャップを感じていた。メジャー競技に惹かれず、その好成績を部員と共に心から喜んだり、応援したり …

もっと見る

KAISERSの一番近くで

1年間編集長を務め、カンスポでの3年間の話は関大スポーツ最新号の「変化球」で出し切った感はあるが、違う角度から最後のコラムを書きたいと思う。 学生記者として、残り半年を切った頃、初対面の大人から質問をされた。「毎回毎回、 …

もっと見る

カンスポ部員としての3年間

人生が大きく変わった3年間だった。小、中、高の7年間ソフトテニスに打ち込んできた自分がまさか選手にインタビューをし、記事を書き、写真を撮る広報活動に勤しむとは。今思えばかなり大きな決断だった。その経緯を振り返ってみると、 …

もっと見る

「ありがとう」が原動力

「ありがとう」。私はこの言葉に何度胸を弾ませただろうか。決して楽ではないカンスポでの活動。1カ月に3度の遠征。東は東京、西は沖縄まで日本全国を飛び回った。しかし、「今日もありがとう」、「記事読んだよ」。試合後で疲れている …

もっと見る

2年前の私へ

1年生時のコラムはこの言葉で締めくくっていた。「カンスポとともに大きく成長していきたい」。今回は2年前の自分に向けての返事になるのかもしれない。3年間、カンスポでしかできない貴重な体験であふれていた。 始まってほしいよう …

もっと見る

3年間を振り返って

入学前に描いた青写真とは大きくかけ離れた3年間だった。勉強一色だった高校時代から「学生記者」として飛び込んだ体育会の世界。カンスポ現役生活を担当していた漕艇のレースで例えて振り返ってみた。 右も左もわからなかったスタート …

もっと見る